新潟っ子なら誰もが知っているB級グルメといえば何が思いつくだろうか。

老いも若きも好んで食べているというその名も「イタリアン」。

イタリア風の食べ物なのか、何なのか。

早速調査してみた。

「イタリアン」といえば一般的にはイタリアの郷土料理のことだと思うもの。

しかし、ここ新潟ではそれが通用しない。

この地でイタリアンといえば県民の誰もが知っているB級グルメを意味する。

新潟ではどのくらい、このB級グルメが浸透しているのか、早速調査のために燕三条駅に降り立った。

改札を出てすぐ、目の前を歩く30代くらいの人たち数人に声をかけてみる。

すると返ってきた返事は口を揃えたように「小さい頃おやつとして食べた」「学校帰りによく食べた」という声。

どうやら、非常に親しまれている味のようだ。

おやつとして食べていたとするなら、イタリアンはお菓子なのだろうか。

あるいはイタリアンと呼ばれるくらいだけに、パスタのような主食なのかもしれない。

いつごろ食べていたのかといった内容からは、この食べ物がまったく想像ができない。

道を歩くカップルに「イタリアンって何?」とたずねると、「紅ショウガが白い!」という答えが返ってきた。

まったく本題に対する答えではない! ところが、その後も同様の回答が続くのだ。

白い紅ショウガとおやつ。

このふたつのキーワードを結びつけるものは果たして何なのだろうか。

疑問は深まるばかりだ。

ショウガが添えてあると答えればいいところを、なぜ「白い」紅ショウガという必要があるのだろうか。

そうした疑問を持ちながらも調査を続行。

やがて、ぼんやりとした概要が見えてきた。

どうやらその正体は、めん類のようだということ。

地域によって人気がふたつにわかれており、グルメファンたちの間では熱い論争を巻き起こしているようなのだ。

さて、この謎のめん類であるイタリアンだが、どうやら大きく2種類あるらしい。

上越と中越でわかれるこのふたつは同じイタリアンでも味が微妙に違う。

聞き込みを続けた結果、これは「みかづき」と「Friend」というふたつのお店の違いによるものであることが分かった。

上越で人気があるのはFreindで中越は「みかづき」。

この両派閥が存在するだけに、新潟県民と会話する際は要注意なのだそうだ。

この2大勢力を融和した、いわゆる国境ラインというものも新潟県には存在する。

それが燕三条だ。

新幹線の駅がある側で、ワシントンホテルの入っている燕側のイオンには「みかづき」が城を構えその勢力を保持している。

そこから車で約10分。

三条側のイオンには「Friend」があり、晩ご飯のデザートに新潟名産の洋梨「ルレクチェ」を買った主婦が、おやつとして「イタリアン」を食べている。

このエリアに行けば、30分ほどの時間で両方の店にあるイタリアンをお持ち帰りして、国境の誰も手出しができない新幹線の高架下あたりで、両派閥を気にすることなくイタリアンの味を堪能できる。

長くなってしまったが、そもそも「イタリアン」って何だろう? という疑問の答えを述べていなかった。

ずばり、見た目は焼きそば、かかっているソースはミートソース。

ただ、新潟県民に言わせると「焼きそばじゃないよね、あのめんは」「あれってミートソースなのかな」などとあいまいな答えしか返ってこない。

途方に暮れて、ふと「みかづき」の看板をよく見てみるとそこには、こう書いてあった。

「What kind of foods [italian]? Is it spagetti?or yakisoba?  [Italian] is neither. [Italian] is [Italian]!!」 直訳すると 「イタリアン」ってどんな食べ物? スパゲティ? それとも焼きそば? 「イタリアン」はどちらでもない。