(社)日本インテリアファブリックス協会では、「JAPANTEX2012」(会期:11月14日(水)〜16日(金)/会場:東京ビッグサイト東ホール)のセミナー企画を順次発表しているが、このほど「暮らしとデザイン」〜インテリアエレメントが空間テザインに果たす役割〜、および「明るさとアングルでここまで変わる」の2セミナーの概要を発表した。

「暮らしとデザイン」〜インテリアエレメントが空間テザインに果たす役割〜は、「Japan Home & Building Show」との合同開催となることから同展内「暮らしとデザイン」と連動しての記念講演で、住まいのリフォームやリノベーションを通して「暮らしとデザイン」の提案、インテリアエレメントが空間デザインに果たす役割について語るというもの。講師を務めるのは(株)ゼロファーストデザイン代表の佐戸川清氏。
会期2日目の11月15日(木)15:45〜16:45に行われる。受講料無料。

「明るさとアングルでここまで変わる」は、昨年大好評だったスタジオテック代表・佐野真士氏のフォトセミナーの第2弾。商品をより美しく魅力的に撮影するテクニック、施工した記録事例を美しく撮影するテクニックなどが紹介される。
会期3日目の11月16日(金)14:15〜15:15に行われる。受講料無料。