ウェンディーズ・ジャパン合同会社は17日、「ウェンディーズ六本木店」をオープンした。

日本再上陸の店舗としては、昨年12月の表参道店に続いて2号店目。

オープン記念にゴージャスな新商品が発売されると聞いて、記者発表会に行ってきた。

あいさつに立った同社の最高経営責任者のアーネスト・M・比嘉氏は、「新生ウェンディーズのコンセプトに反映させようと思ったトレンドは2つ。

1つは、ファストフードチェーンよりおいしくて良質な食事で、高級レストランよりも安い”ファストカジュアル”。

もう1つが、よりクオリティの高い”グルメバーガー”のブームです」と話した。

今後、5年以内に100店舗、さらに700店舗の展開を目指すとしている。

この2号店のオープンを記念して発売されたのは、「Japan Premium キャビア&ロブスター」(1,280円)、「Japan Premium サーフ&ターフ ロブスター」(1,280円)、「Garden Sensations Ocean Premium キャビア&ロブスター」(1,580円)、「Irina ロールケーキ 六本木モンブラン」(280円)。

「Japan Premium キャビア&ロブスター」「Japan Premium サーフ&ターフ ロブスター」は、日本独自で開発された”Japan Premium”シリーズであり、さらに”Ocean Premium”というシリーズ名を冠した商品。

キャビアとオマールロブスターというぜいたくな海の幸を主役に、フレッシュな野菜や特製のバンズとともに2種類のハンバーガーに仕立てたという。

キャビア&ロブスターは、オマールロブスターをマスタードマヨネーズでシンプルに味付け。

特製のタラモサラダやベビーリーフ、レタス、トマト、レッドオニオンなどたっぷりの野菜とともに、キャビアが添えられている。

サーフ&ターフ ロブスターは、100%ビーフのパティにオマールロブスターをたっぷりトッピング。

海の幸のロブスターとビーフを一度に味わえるハンバーガーだ。

ちなみにそのほかの”Japan Premium”のラインナップとしては、1号店の表参道店オープン時に発売された「フォアグラ ロッシーニ」(1,280円)、「アボカド わさび」(820円)、「ザ・チリ バーガー」(780円)、さらに4月に発売された「イベリコベーコン デラックス」(980円)がある。

”Ocean Premium”の「Garden Sensations Ocean Premium キャビア&ロブスター」は、新鮮な野菜をたっぷりと使用したボリュームたっぷりな食事サラダ。

レタス、ロメインレタス、ベビーリーフなどの葉野菜の上に、オマールロブスター、キャビア、アボカド、タラモサラダ、ゆで卵、プチトマト、レッドオニオンが色とりどりにトッピングされている。

「Irina ロールケーキ 六本木モンブラン」は、モンブラン味のロールケーキ。

薄いマロン色の生地にブラウンのハンバーガー柄がプリントされている。

フランス産の栗のペーストを使用したモンブランクリームの中には、和栗の甘露煮とシュトロイゼルが入っている。

また、同店には次世代ファウンテンディスペンサー「コカ・コーラフリースタイル」が導入されている。

タッチパネルで飲みたいドリンクとさらにフレーバーも選べて、組み合わせで100種類以上の清涼飲料が楽しめる。

当日のオープン時刻の昼12時には、客が店舗を囲むようにして長蛇の列を作った。

なお、表参道店でも、これらの記念新商品が同時発売されるほか、「コカ・コーラフリースタイル」も導入されるという。