どんな企業城下町でも、大なり小なりの経営エコシステムは存在する。

ましてや世界に冠たるトヨタとなればその規模はメガ級だ。

何たって一つの市が丸々「豊田市」。

もともとは挙母(ころも)市という名前だったのが、トヨタ自動車にあやかって1959年に市の名前を変えたんだからすごい。

まるで戦国大名の城下町のようだ。

トヨタ自動車の所在地は、豊田市トヨタ町1。

何度見ても、すごい住所だ。

そんなTOYOTAへの愛知県民の想いを紹介したい。

もう随分と昔のことになる。

僕のライター仲間が瀬戸内海のある島へ取材で行った時のこと。

名刺を差し出した相手に、そこに記載した住所と、運転してきた車をまじまじと見比べられ、冗談半分本気半分で、こう言われたという。

「あれ? 愛知じゃ、“トヨタにあらずんば人にあらず”やないんですか?」。

愛知県民なのに彼の愛車は三菱車。

それが不思議に映ったのだろうか。

「いやいや、愛知県民はそこまで極端ではないですよ(笑)」と適当にあしらったがというが、確かに他県の人から見れば、愛知県民は全てトヨタの巨大組織の中で生かされているように思えるのかもしれない。

そういえば僕も学生時代、トヨタ系の工場でバイトしようと面接に行ったら、「うちの駐車場、日産車は入れないから」と笑顔でつっぱねられたことがある。

トヨタグループのおおもとは、発明王・豊田佐吉が興した自動織機、自動の機織り機械にある。

1895年に佐吉が創業した豊田商店が、全てのトヨタグループの源流だ。

佐吉が自動織機を発明して事業化したのが豊田自動織機製作所。

息子の喜一郎が1937年に興したのが、トヨタ自動車である。

その後、戦前戦後にわたって分社化が進み、そこからデンソーや豊田通商などのトヨタグループが誕生した。

その初期グループ13社を 「オールトヨタ」と呼び、その下請けや孫請けは数え切れないほどの数にのぼる。

豊田家には「一代一事業」というモットーがあり、その言葉にならって喜一郎は自動車産業を始めた。

そしてその息子の章一郎が手がけたのがトヨタホームだ。

しかし赤字続きで「不肖の道楽息子」とまで言われたが、10年ほど前に長年の苦労(?)がようやく実り黒字化。

さらに、2003年には分社化され、ハウスメーカーとして独り立ちした。

ところで、「トヨタカレンダー」って言葉をご存知だろうか? トヨタ系列の工場の稼働カレンダーで、いわゆる日本国民の祝日は一切無視。

週5日の営業日ルーティンを繰り返し、効率的に工場を稼働しているのだ。

そしてGWやお盆、年末年始に、どっかり大型連休がもらえる。

下請け、孫請け、その孫請けまで含めたトヨタ関連企業が全てトヨタカレンダーに従って生きているのだ。

当然、周辺の店舗などもそれに合わせて営業する。

街全体がトヨタカレンダーを基準に動くことになる。

実は、愛知県には九州や北海道出身者が多い。

昭和30〜40年代、仕事のない地方から集団就職した中卒者が大量に愛知県に流入した背景がある。

もはや死語となった「金の卵」だ。

その就職先のほとんどが、当然、トヨタ系列の企業だ。

名古屋などの都心ならともかく、豊田市などはまだまだクルマ社会だ。

そこで暮らす人にとって最初の大きな買い物は自動車になる。

メーカーは当然、トヨタ車だ。

その後、結婚して家族が増えたら、家を建てようということになる。

家を建てるとなると、やっぱりトヨタホームを選ぶことになるだろう。

日頃の買い物はメグリア(トヨタ生協)の店舗という人も多いだろう。

ちょっと気になって葬祭部門はないのかと調べてみたら、メグリア直営の葬儀センターが2カ所あった。