防災の日を前に再確認したい「災害時の連絡手段」

写真拡大

昨年起こった東日本大震災により防災への意識が一気に高まりました。

でも、少し時間がたった今はちょっとおろそかになっている人もいるかもしれません。

今回、9月1日の「防災の日」を前に、あらためて防災に対する意識を問い直すとともに、家族と離れて暮らす一人暮らしだからこそ、もう一度確認しておきたい災害時の連絡手段について紹介します。

■避難場所を知っていますか?災害が起こったときの避難場所がどこか知っていますか? 「一時避難場所」や「広域避難場所」は火災の延焼などから避難する場所で、多くは公園や広場などの屋外です。

一方、「収容避難場所」は学校の体育館などで、被災者が当面の生活をする場所。

食糧等の必需品が備えられています。

自宅や職場付近の避難場所は自治体のホームページなどで確認できます。

ちなみに、各都道府県の「一時避難場所」の情報はこちら。

調べたら、その情報を家族や恋人、友人などと共有しておくことが大切です。

一人暮らしをしていると、自分の家族のことでも情報不足になりがち。

自分から積極的に知ろうとしないと、いざというときに情報を得る手がかりすらない可能性があります。

家族の職場や学校、かかりつけの病院など、自宅以外でよく行く場所や連絡先など、情報共有しておくことをおすすめします。

■複数の連絡手段を共有しよう!災害時に電話やメールがつながりにくい場合でも、「災害用伝言ダイヤル(171)」や「災害用ブロードバンド伝言板」は優先的に使えます。

よく知られていることですが、実際には利用したことがない人も多いでしょう。

「災害用伝言ダイヤル」に伝言登録するには被災地域の電話番号が必要です。

また、せっかく情報を登録しても、相手が電話をかけ、聞いてくれなければ伝わりません。

詳細はNTTのホームページに掲載されていますが、防災の日を含め、体験利用ができる日時が設定されています。

一度ご家族と練習をしておくと、いざというときの利用がスムーズです。

(※ちなみに、NTT東日本の「災害用伝言ダイヤル」情報はこちら。

NTT西日本はこちら。

)東日本大震災ではTwitterやFace bookといったSNSを使った連絡も有効でした。

普段SNSを利用しない人でも、アカウントを持ち、家族とつながっておけば、連絡手段のひとつとなります。

「SNSなんてチンプンカンプン…」というご家族には、家族共通の災害用Twitterアカウントを作り、ユーザー名や暗証番号を共有し、家族全員が書き込めるようにしておくのがおすすめです。

帰省などの際にパソコンや携帯電話から利用できるよう設定および練習をしておきましょう。

(一人暮らしアドバイザー:河野真希)