5月17日が「お茶漬けの日」になりました

株式会社永谷園は「お茶づけ海苔60周年」を記念して、5月17日を「お茶漬けの日」として日本記念日協会に登録・制定したことを発表しました。

「お茶づけ海苔」は、株式会社永谷園が1952年に発売開始した商品。

【関連:―建物萌の世界―第6回 放課後気分のティータイム】

 

今回5月17日が「お茶漬けの日」として選ばれたのは、株式会社永谷園の創業者・永谷嘉男のご先祖様で永谷宗七郎(宗円)の命日がその日だからとのこと。
永谷宗七郎(宗円)は江戸時代にお茶の製法を発明し、煎茶の創始者として現在では京都で“宗円明神”として祀られています。

今回の「お茶漬けの日」制定以外にも「お茶づけ海苔60周年」を記念した特設ページも公開されています。