ボルボ・カーズ・ジャパンはこのほど、ボルボ各車の仕様を変更した2013年モデルを発売した。

燃費の改善によりエコカー減税の対象車を拡充。

さらにロード・サイン・インフォメーションなど最新の安全装備を追加した。

ボルボのこれまでのラインナップでは、エコカー減税、補助金の対象になるのは「V70 DRIVe」の50%、10万円(減税率、補助金)だけだった。

2013年モデルでは、これまで対象外だったモデルも対象に。

「S60 DRIVe」が「S60 T4」となり50%、10万円。

「V60 DRIVe」が「V60 T4」となり50%、10万円。

「V70 T5 SE」が「V70 T4 SE」となり75%、10万円。

また、「V70 DRIVe」も「V70 T4」となり、減税率が50%から75%になった。

安全装備としては、追突回避・軽減オートブレーキなどをセットにしたセーフティパッケージの内容に、あらたにRSI(ロード・サイン・インフォメーション)とAHB(アクティブ・ハイビーム)を追加した上で、価格を従来より5万円引き下げた20万円とした。

RSIはカメラで制限速度などの道路標識を読み取り、インストルメントパネルに表示する機能。

AHBはハイビームで走行中に対向車のヘッドライトや先行車のリアライトを検出すると、自動的にハイビームをロービームに切り替える機能。

おもなモデルの価格は、「C30 2.0」が299万円、「C70 T5」が599万円、「V70 T4」が449万円、「S60 T4」が379万円。