JAFはお盆期間(8月11〜15日)に出動したロードサービス件数についてのデータを発表した。

平常時との比較で約3割増となったが、前年の同時期との比較では高速道路、一般道ともに減少した。

お盆期間中の出動件数は、一般道が4万1,234件で前年の4万3,916件と比較して93.9%に減少した。

高速道路は3,051件で前年の3,500件と比較して87.2%に減少した。

JAFでは曜日などにより帰省日程が分散した影響と分析している。

エリア別では、すべてのエリアで減少傾向だったが、中でも関東エリアは前年の88.1%と大きく減少した。

逆に中国エリアは99.3%と、ほぼ前年並だった。

また、近畿地方では14日未明に発生した集中豪雨により、冠水による依頼が359件と集中した。

なお、今年の数はすべて速報値。

確定値は後日JAFホームページに掲載される。