向後の7日株!: 業績好調!個人投資家好みの低位材料株!(800X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

高島(8007) が今日の注目銘柄!

好業績の太陽光発電の低位材料株として注目します。同社は、太陽光エネルギー分野、断熱・省エネ分野、高機能素材分野、この3分野に特化・集中しています。

13年3月期第1四半期の連結業績は、太陽エネルギー関連分野、省エネ関連・震災復旧関連の分野の売上が増加し、売上高は196億8400万円(前年同期比14.4%増)、営業利益は3億1100万円(同116.1%増)と、2桁増収・大幅営業増益でした。

建材セグメントでは、昨年は震災後のサプライチェーン混乱で、建設資材、断熱材分野などが影響を受けましたが、今年はそうした影響がないため、対前年比では売上増となりました。とりわけ、建材事業売上の4割以上を占める太陽エネルギー関連分野では、住宅用需要が継続的に拡大しました。また、産業資材セグメントでは、前期に引き続き省エネ関連、震災復旧関連の需要増がありました。

ところで、同社は独自の住宅用太陽光発電システムの「スマイルソーラー」の新たな商品ラインナップとして、集合住宅向けシステム「Z シリーズ」を今年3月より、同社の主要取引先である全国の地場ホームビルダーや工務店等を通じて販売開始しました。

なお、太陽電池世界2位の中国JAソーラーの太陽光パネルを、丸紅が日本の販売代理店となり、普及を目指しています。建材大手の高島が、周辺機器と合わせて組み立て、工務店などに「スマイルソーラー」というブランド名で新築戸建て住宅用として拡販しています。日本製に比べ工務店向けの卸価格で約2割安くなる見通しで、2014年度に新築戸建て向けでシェア10%を目指していると伝わっています。

株価は6月26日の405円で目先天井を打ち、調整中です。しかし、7月26日の291円で目先底を打ったとみています。今後は、25日移動平均ベースボリンジャーバンドの「スクィーズ」から「エクスパンション」の発生を想定しています。既に、+1σ(17日現在、322円)を上抜けています。今後、+2σ(同、338円)を上抜けたら、「エクスパンション」が実現することでしょう。「エクスパンション」発生後のターゲットは、まずは405円です。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。