カルティエ アイコンウォッチの歴史紐とく「TANK Gallery」開催

写真拡大

 「Cartier(カルティエ)」が、新作のタンク ウォッチ「タンク アングレーズ」の発売を記念して、カルティエ 南青山店で「TANK Gallery(タンク ギャラリー)」を開催する。メゾンのアイコンとして1917年に誕生したタンク ウォッチの歴史を紐とくと共に、「Cartier」がジュネーブに所蔵する稀少な「カルティエ コレクション」が展示される。会期は9月7日から17日まで。 カルティエのアイコンウォッチのギャラリーの画像を拡大

 1917年に誕生したタンク ウォッチは、第一時世界大戦に使用された戦車の平面図から着想を得たスクエアフォルムが特徴。この革新的なフォルムは、当時のウォッチメイキングの世界に衝撃を与えた。1922年には角とアタッチメントの先端が丸みを帯びているタンク ルイ カルティエを発表。以降も流行に左右されないフォルムで新しいタンク ウォッチが発売され続けている。 「TANK Gallery」では、現在までのタンク ウォッチの歴史を振り返るだけではなく、11月の発売に先駆けて最新作のタンク アングレーズ ステンレススティール&ピンクゴールドのモデルを日本で初公開。また、メゾンのクリエイションに共鳴しタンクを愛用した"タンキスト"の写真なども展示され、唯一無二のスタイルで愛され続ける、タンク ウォッチの世界を楽しむことができる。■カルティエ 南青山店東京都港区南青山 5-3-2営業時間:12 :00-20 :00お問い合わせ:カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757