デスクでケア。ドライアイに効くツボ&眼球運動ベスト4




目が乾く、痛い、ゴロゴロする……。ドライアイで悩む日本人は、いまや800万人いると言われます。少しでも楽になるため、鍼灸師(しんきゅうし)で太子橋鍼灸整骨院院長の丸尾啓輔(まるお・けいすけ)先生に、その対策ツボを教えていただきました。



■涙の分泌を促し、出し、総合的な不調をケア



「ドライアイには、『涙の分泌を促す』、『涙を出す』、『総合的な目の不調を予防』の3つの観点からのケアが有効です。仕事中やバスタイム、寝る前と、いつでも何度でも、これらのツボを押してください」と丸尾先生。



早速、その3点に沿って自分でケアできるツボをご紹介しましょう。



1.瞳子りょう(どうしりょう) ― 涙の分泌を促すツボ





瞳子(どうし)は「目、ひとみ」、りょうは「骨の角、くぼみ」を意味し、「目の骨のくぼみに位置するツボ」を表します。ここを刺激することで、目の水晶体の厚みを調節する毛様体筋(もうようたいきん)の緊張をほぐします。

眼精疲労、疲れによる視力の低下、目の周囲のけいれん、また、目じりの小じわ対策にも有効です。



ツボの位置

左右の目じりから、指1本分外側にある骨のすぐ外側、小さくくぼんだ部分。



ツボの刺激法

左右を同時に、人さし指か中指の腹で、少しずつ力を入れる感覚でひと押し5〜10秒の指圧を繰り返します。ここを出発点とし、目の周囲を軽く指で押していくのもよいでしょう。ただし、眼球は押さえつけないでください。



2.晴明(せいめい) ― 涙を出すツボ





晴は「目」、明は「明るい、照らす」を意味し、「はっきり見えやすくするツボ」を表します。目の充血、かすみ目などのときもここを指圧するとすっきりするでしょう。また、目と鼻を結ぶラインになるため、鼻水、鼻づまりにも効果があります。



ツボの位置

目頭の脇。目頭と鼻柱の間にある小さなくぼみ。



ツボの刺激法

人さし指や中指で押さえ、ひと押し5〜10秒の指圧を繰り返します。



3.承光(しょうこう) ― 総合的な目疲れケアのツボ





頭の前頭葉の周辺にあり、長時間近くを見たために目や頭にも疲労感を覚えたとき、目がしょぼしょぼ、ゴロゴロする、目がかすむときなどは、ここを刺激すると視界と意識がはっきりしてきます。



ツボの位置

両方の眉頭(まゆがしら)から髪の毛の生え際へ真っすぐ向かい、そこから自分の親指の幅3本分ほど上へ。さらに、親指の幅1〜2本分ずつ左右へ移動したところ。分かりにくければ、おでこの上あたりを全体的にマッサージします。



ツボの刺激法

両手の中指で同時にひと押し10秒〜1分、指圧します。左右のどちらかに違和感が強い場合は、そちらを長めに刺激しましょう。



■眼球を押し込む、押し出す運動を



「オフィスでできる方法として、『眼球運動』もお勧めします。目の周囲の筋肉のストレッチになります」と丸尾先生。レクチャーしていただきましょう。



4.眼球運動



軽く目をつむり、眼球を右回し、左回しを各3〜5回ずつ。



眼球を脳に向かって押し込むイメージで動かす。3〜5回。



目を前に出すイメージで眼球を動かす。3〜5回。



目を見開く。3〜5回。



目をぎゅっとつむる。3〜5回。



以上を1セットとして、3〜5セット。目を開けて行うと目が回ってしまいます。必ず、目をつむって行いましょう。



「運転中やパソコンワーク、読書中などにドライアイを実感したときは、すでにかなり目は乾いています。意識的にくしゃみやあくびをして目が潤うかどうかを確認してください。目が乾いたな、と感じる前に早めにこれらの自己ケアをすることが大事です」と丸尾先生。



目薬を使うのもいいですが、これらの指圧、運動でまず、健康のための「目ヂカラ」を養いたいものです。



監修:丸尾啓輔氏。鍼灸(しんきゅう)師。柔道整復師。太子橋鍼灸整骨院院長。

太子橋鍼灸整骨院:大阪府守口市京阪本通1-3-10 TEL: 06-7176-6289 地下鉄谷町線・今里線太子橋今市駅から徒歩1分 http://www.taisibasi.com/



(藤井空/ユンブル)