承認か拒否か、あるいは無視か……facebookの友達承認をためらってしまう瞬間




今や日本でもすっかりおなじみとなったfacebook。「facebookやってる?」、「やってるよー、友達申請して」なんて会話もよく聞かれるようになりましたね。しかし、facebookは自分のプライベートを明かす場でもあるため、なかには「この人は友達承認したくないな」というケースもいるはず。ということで、マイナビニュース会員に「facebookの友達承認をためらった瞬間」を聞いてみました。



調査期間:2012/7/5〜2012/7/9

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 994件(ウェブログイン式)



■仕事の取引先の人から友達申請が来たとき。承認したらfacebookさえもビジネス視点で更新しなければいけなくなると思い、ひとまず保留にしてある(30歳/女性)



同じような経験を持つ人は多いようで、そのほとんどが「保留」にしたとのこと。「取引先の人はなるべく友達申請しない」というビジネスマナーを広めた方が良いかもしれません。



■知らない人からの友達申請。でも、後日ほかの友達に話したら誰なのか判明し、承認した (25歳/女性)



つまり、がその人の存在を忘れていたということですね。でも、面識のない人や一度しか会ったことのない人から申請が来て困っているという声は多数あり。実名登録ですし、ちょっと怖いですよね。



■学生時代、かなり荒れていた同級生から申請が来たとき。今もガラが悪いので乗り気ではなかったが承認。そしたら思いのほか、きちんとした書き込みが多く安心しました(30歳/男性)



その人の書き込みから意外な一面を発見する……これもfacebookあるあるですね。たまにポエムみたいなの書いてる人もいますもんね。



■彼氏からの友達申請は本当に悩んだ。全部の行動が筒抜けになるようで嫌なんだけど、さすがに彼氏を拒否することはできず……(23歳/女性)



恋人からの友達申請はつらいですよね。軽く書きこんだ直後に恋人から電話が来て「あれ、今日って仕事じゃなかったの? ウソだったの?」とケンカになるパターンもありそうです。



■大学時代、あまりカッコ良くなかった人からの友達申請。カッコ良ければ考えるけど(28歳/女性)



正直な意見ありがとうございます。その気持ち、大切ですよね。



facebookだからこそつながる友達もいれば、そのつながりやすさがアダになることも……。気持ちよく利用するためには、友達承認したくない場合のうまい断り方を事前に考えておいた方がいいかも。



(J.B.河合+プレスラボ)