【男性編】難局を切り抜けろ! 上司の社会の窓が開いていたら……ランキング
黙っておくべきか、それとも言ってあげるべきか……





怖くて近づき難い上司や、親しみやすい上司、さらにいつも偉そうにしていて腹の立つ上司など、どんな上司にも、うっかりする瞬間はあると思います。明らかに上司の社会の窓が開いているとき、部下としてはどう行動するのが正解なのでしょうか? そこで今回は、410名のマイナビ会員の男性に、上司の社会の窓が開いていたらどうするかをアンケートしました。





Q.難局を切り抜けろ! 上司の社会の窓が開いていたらどうするかを教えてください(複数回答)

1位 黙っておく 42.9%

2位 こっそり耳打ちする 14.9%

3位 ほかの人がいない場所で教える 11.3%

4位 その場で口に出して指摘する 10.0%

5位 遠回しに伝えようとする 4.4%







■黙っておく

・「余計なことはしないのが一番」(30歳/その他/技術職)

・「上司が皆の前で恥をかくのを、楽しみに待っている」(29歳/人材派遣・人材紹介)

・「ばーか、と思って、無視します」(33歳/機械・精密機器/営業職)





■こっそり耳打ちする

・「自分が指摘しないとさらに恥をかかせてしまうと思うので、こっそり伝えたい」(28歳/情報・IT/技術職)

・「堂々とは言えないし、ほっとくわけにもいかないから」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「開いていますよと、ボソッと言いました」(28歳/医療・福祉)





■ほかの人がいない場所で教える

・「上司にだけわかるように伝える」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「あくまで『ネタでやったんですよね?』的なノリでさりげなく」(23歳/学校・教育関連/営業職)

・「恥はかかせないように、でも恩は感じさせるように」(25歳/食品・飲料/技術職)





■その場で口に出して指摘する

・「上司とは冗談を言い合えるような仲なので、おもしろがって『チャック開いていますよ!』って言えるから」(29歳/小売店/事務系専門職)

・「指摘すれば、恥ずかしい思いはそこまでだから」(28歳/自動車関連/技術職)

・「冗談じみた感じで指摘してあげれば、笑い話で済むし、会話も弾む」(29歳/情報・IT/技術職)





■遠回しに伝えようとする

・「本人が気づいてくれるような方法で対処しないと、気まずいと思うので」(24歳/運輸・倉庫/技術職)

・「状況にもよりますが、上司に恥をかかせないことを最優先します」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「率直に言うと、なんか悪い気がするから」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)





■番外編:自分の身を犠牲にして、上司を救う方法も

・トイレに行くと言う「それとなく気づいてほしい」(35歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

・自分のチャックも開ける「自分も開いていることによって、上司にも気にしてほしいから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・指をさして笑う「事実そうした」(40歳/建設・土木/技術職)





総評

「黙っておく」が1位という結果になりました。まあ、触らぬ神になんとやら……。知らないフリが一番無難ということでしょうか。なかには、面白がって言わない人もいるようですね。2位に選ばれたのは「こっそり耳打ちする」。こちらは、思いやりのあるコメントが目立ちました。恥をかかせないためには、この方法が一番かもしれません。





続く3位は、「ほかの人がいない場所で教える」。場所を移すことができれば、この方法も良いですね。そして、4位は「その場で口に出して指摘する」ですが、これは職場の雰囲気にもよるでしょう。冗談を言い合える仲なら、この方法もOKのようです。





5位が「遠回しに伝えようとする」。ちょっと手段が難しいですが……。ジェスチャーや視線などを駆使すると、良いかもしれません。番外編で衝撃的だったのは、「指をさして笑う」。事実そうしたとのことですが……。まあ、楽しい職場なのかもしれませんね。しかし、相手を間違えると大変なことになりかねません。





見て見ぬふりをするか、それとも上司のために教えてあげるか。難しいところですが、ランキングの結果では、黙っておく部下が多いようです。上司の皆さんは、トイレを出るときには確認をお忘れなく。

(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)





調査時期:2012年6月14日〜2012年6月17日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性410名

調査方法:インターネットログイン式アンケート