【女性編】難局を切り抜けろ! 上司の社会の窓が開いていたら……ランキング
黙っていると、上司が恥ずかしい思いをしてしまうかも?





社会人になると、勤め先での上下関係に悩むことも増えてきます。ときには、思いもよらないハプニングで、上司との関係が気まずくなってしまうことも。そこで今回は、「上司の社会の窓が開いていたら……」という難局について、その対処法を544名のマイナビ会員の女性にアンケートをしてみました。少しでも上司の傷を浅くするためには、どんな対処法が適切なのでしょうか?





Q.難局を切り抜けろ! 上司の社会の窓が開いていたらどうするかを教えてください(複数回答)

1位 黙っておく 62.2%

2位 ほかの人がいない場所で教える 10.3%

3位 こっそり耳打ちする 5.8%

4位 目線で知らせる 4.0%

4位 遠回しに伝えようとする 4.0%

6位 その場で口に出して指摘する 3.9%







■黙っておく

・「誰にも気づかれないことを願うのみ」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

・「いつ気づくか、どうやって閉めるか観察するのが楽しい」(39歳/生保・損保/営業職)

・「ほかの人の勇気に期待」(32歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)





■ほかの人がいない場所で教える

・「男性が多い会社なので、意外と閉め忘れが多い。こっそり教えたのに、自分から大声で暴露していた」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「ほかの人がいると、恥をかかせてしまうから」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「無視するのはダメ。人目につかないところへ連れていって教えてあげる」(32歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)





■こっそり耳打ちする

・「すぐに言わないと、結局気づくまでずっと開いたままだから、それを知る人物がどんどん増えていってかわいそう」(27歳/その他)

・「自分だったら、こっそり知りたいから」(30歳/その他)

・「こっそり教えてあげないとかわいそう。でも嫌いな上司だったらみんなの前で指摘する」(27歳/通信/販売職・サービス系)





■目線で知らせる

・「声には出さず、周りの人にはわからないように伝えました」(25歳/情報・IT/技術職)

・「なんとなく目線をそこに持っていく……かも」(30歳/通信/販売職・サービス系)

・「口に出して言うのは恥ずかしいので、それとなく伝えたいです」(22歳/ソフトウェア/技術職)





■遠回しに伝えようとする

・「男性社員にこっそり頼んで、言ってもらう」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ストレートには言えない」(37歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「どうにかして伝えてあげたい」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■その場で口に出して指摘する

・「教えてあげるのが礼儀だと思います」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

・「すぐ言うのが大事だと、最近悟った」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/クリエイティブ職)

・「間違いは誰にでもあるから、別に気にせず言っちゃう」(28歳/その他/販売職・サービス系)





■番外編:口に出せないことは、メモで伝えるのが一番!

・メモで渡す「口に出しては言いにくい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・トイレに行くと言う「自分で気づいてもらうように仕向ける」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・せきばらいをする「直では言えない」(31歳/小売店/販売職・サービス系)





総評

難局を切り抜ける方法の第1位は、「黙っておく」でした。やはり男性上司に対して、言いづらいという女性が多いようです。2位は「ほかの人がいない場所で教える」。皆の前ではかわいそうだから、という意見が多数見られました。3位は「こっそり耳打ちする」。こちらも、恥をかかせないためには、良い方法かもしれません。





4位には「目線で知らせる」、「遠回しに伝えようとする」がランクインしています。何とか気づいてほしい……と頑張る部下の姿が目に浮かびますね。男性社員に頼んで言ってもらうという方法は、女性ならではの解決策でしょう。5位は「その場で口に出して指摘する」。勇気ある女性社員も多いようです。





番外編のメモで知らせるという方法も、なかなか良さそうですね。教えられた上司も、メモを見て、こっそり閉めることができます。上司の社会の窓が開いているだけでも、部下はいろいろ苦労するものです。もし部下が親切に教えてくれたら、上司の皆さんはぜひ感謝の言葉をかけてあげてくださいね。

(文・OFFICE-SANGA 森川ほしの)





調査時期:2012年6月14日〜2012年6月17日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性544名

調査方法:インターネットログイン式アンケート