スポーツをすると、なぜからだに良いのか?




中学・高校時代は部活動など、からだを動かすことに熱中していた人も多いはず。それが社会人となると、からだを動かすことよりも、仕事などの日常のやるべきことや酒の席などが忙しく、いつの間にやら「スポーツをしない体型」になっている自分に気づき、「ヤバい」と思っている人も多いのでは? そこで今回は、TIP.X渋谷でスポーツトレーナーとして活躍するYuhei(ゆうへい)さんに、からだを動かすことのメリット、運動不足のデメリットをうかがいました。



■スポーツで汗をかこう!



――スポーツをすることが、なぜからだに良いといわれているのでしょうか?



「スポーツをしないとからだの筋肉量が減っていき、結果としてからだを動かすこと自体がつらくなっていきます。これは、からだ全体の活動量が少なくなるということです。つまり、からだ全体の総消費カロリーが減り、場合によっては食事からのカロリー摂取量が消費量を上回り、肥満につながったりします。ですから、少しでもからだを動かすことが大切なのです。



たとえば、地域のスポーツチームに参加したり、フィットネスジムに通うなど、定期的にからだを動かす機会を増やすことが、からだにとって良いと思います。同じ趣味の仲間ができるというメリットもありますしね」(Yuheiさん)



――汗をかくことで得られる科学的なメリットについて教えてください。



「汗のかきかたによってメリットは変わりますが、少なくとも運動による汗は水分だけではなく、老廃物も一緒に体外に出ています。



みなさんも一度は感じたことがあると思いますが、ベタベタ汗とサラサラ汗があるってご存知でしたか? 運動によって出る汗はベタベタ汗で、これは老廃物も含まれています。一方、サラサラ汗は水分とナトリウムがメインで、あまり老廃物は含みません。



健康を目的に汗を流すということであれば、運動で汗をいっぱい流した方がベターですね。ただし水分補給は忘れずに」



■筋肉を増やすことで得られるメリット



――ここからは、少し専門的な内容についてうかがいます。有酸素運動と無酸素運動の違いについてお聞かせください。



「簡単に説明させていただくと、有酸素運動は脂肪を燃焼したい方。無酸素運動は筋力をアップしたい方と分けることができます。ランニングを例にあげると、呼吸が乱れない程度に約15分走ると、体内にある脂質がエネルギーとして使われはじめます。これが有酸素運動です。なので、脂肪を燃焼したい方は、15〜30分ほどの有酸素運動(ランニング、バイク、水泳など)を行うことをおすすめします。



一方、無酸素運動は、ランニングや水泳といった継続的な運動とは異なります。たとえば、50・100m走といったトレーニングがこれにあたりますね。有酸素運動と違い、ハードな運動では体内の糖質やたんぱく質がエネルギーとして多く使われます。文字通り、酸素を必要としないので、短時間しか運動できませんが、筋肉を鍛えることはできます」



――筋肉を鍛えるとどんなメリットがありますか?



「筋肉量が増えると、基礎代謝量が向上し、スポーツパフォーマンスの向上、姿勢矯正、シェイプアップといった効果が期待できます。もちろん、トレーニングの内容や質によって、効果を実感できる場合とできない場合がありますが、継続していれば必ず結果は出ます」



■継続は力なり



――運動不足によるからだへの弊害がありましたら教えてください。



「運動をしていないと、20代でもお腹やお尻周りに脂肪がポヨっとつきます。一度ついた脂肪を落とすのはなかなか大変。



筋肉は20代から除々に低下するといわれていて、30代、40代になるにつれ、さらに脂肪がつきやすくなります。なので、若いうちから少しでも運動する習慣をつけるといいでしょう。



さらに現代人にとって深刻な問題としては、過食・過飲による生活習慣病があります。糖尿病、脳卒中、高血圧、肥満といったものは、運動によって防止することができるので、病気になって困らないよう、自分だけでなく、家族のためにもアクティブな生活を送ることをおすすめします」



――最後に、これからスポーツを始めようと思っている方にアドバイスをお願いします。



「理想とする体型や健康なからだを手に入れるのは、決して平坦な道ではありません。ですが、からだを動かし続けていくと、自分自身を見つめ直すことができます。また、『ちょっと肩こりがなくなってきたな〜』とか、身体に対して気づくことが必ず出てきます。



このようなちょっとした変化を意識してからだを動かしていくと、自然とアクティブなあなたに生まれ変わっていくはずです。



何事もチャレンジするのが大切! ぜひこの機会にからだを動かす環境づくりを意識して、理想のからだを手に入れてください!」



筋肉がつくと、からだにとってメリットだらけというのは、とても勉強になりました。また、肉体的な視点からだけでなく、単にからだを動かすことで気持ちがリフレッシュするという効果もあると思います。特にフットサルなどの団体競技では、プレー中・後の仲間とのコミュニケーションも心地よいものです。これまで、スポーツはあまり……というタイプの方は、今日をきっかけにアクティブな生活を送ることをおすすめします。



Yuhei 本名:山口 祐平(やまぐち ゆうへい)



1985年生まれ。小・中学生時代はサッカーに熱中する。高校ではゴルフ部に所属し、国民体育大会9位の成績を残し、スポーツ推薦で専修大学に進む。大学在学時にフリースタイルフットボールと出会い、オーストラリアへ留学。帰国後はフリースタイルフットボーラーとして、チームDeportare(デポルターレ)で活躍。パフォーマンスやクリニックを展開している。インストラクター、パーソナルトレーナーとしても活躍し、著書、メディア出演多数。



http://f5i.jp/yuhei.html



http://labola.jp/yuhei



(OFFICE-SANGA 杉山忠義)