映画『プロメテウス』公式本は絶対に買っておくべきですよ / なぜなら「非常に興味深い映画の続き」が描かれているから

写真拡大

映画『プロメテウス』は、絶大な人気を誇るSF映画『エイリアン』シリーズへとつながるプロローグ的な物語となっている。どうしてエイリアンという恐ろしい生物が誕生したのか? あの『エイリアン』に登場したスペースジョッキー(エンジニア)の正体は? 『プロメテウス』を観ればさまざまな謎が「わずかながら」判明する。

しかし、『エイリアン』を知っている人であればあるほど『プロメテウス』を観終わったあとに「もっと知りたい部分」や「おかしいと感じる部分」が出てくるはず。イギリスや北米で販売されている公式本『Prometheus: The Art of the Film』には、映画では語られなかった公式設定や物語が膨大なデータとともに掲載されている。

『Prometheus: The Art of the Film』には、映画でカットされたシーンの描写はもちろんのこと、数多くの疑問を解決するデータと解説、そしてビジュアルが掲載されている。日本版も販売されているが実売価格は海外の倍である。

『プロメテウス』に登場した○○○ニ○(ス○○○○○○○○)の母船・ジ○○○○○ト号に積まれていた無数の○。その内部がこと細かくビジュアルつきで解説されているのも、ファンならば感涙モノだ。

なかでも特に興味深いのは、『プロメテウス』の劇中で○○○ニ○から○生したエ○○○○の存在だ。『エイリアン』ではジ○○○○○ト号の船内に無数にエ○○○○の○があり、次々と船員たちが○○○ていった。でもどうしてそこに○があったのか? たしか『プロメテウス』では○ではなく○だったはずである。

そもそも『プロメテウス』のラ○○では、エ○○○○は非○○○○○に乗っていてジ○○○○○ト号にいなかった。だが、『Prometheus: The Art of the Film』には「エ○○○○がジ○○○○○ト号に○かっていくようす」が描写されている。つまり『エイリアン』に登場したジ○○○○○ト号に○があった理由がそこでわかるのだ。

とにかく、『Prometheus: The Art of the Film』を実際に手にとって自分の目で確かめてほしい。イギリスのAmazonで販売されており、日本への配送も可能で、最速だと2〜3日で届けてもらうことが可能だ。どうせAmazonで輸入するなら『Alien Vault: The Definitive Story Behind the Film』も一緒に買っておきたい(いまの日本の出版社では絶対に出せないし作れないレベルの究極的『エイリアン』公式本である)。

この本を実際に購入したいという人は、当編集部が以前に書いた『イギリスのAmazonで本を注文してみた / 日本に約2日間(約58時間)で到着』( http://wp.me/p25BsW-10MC )の記事を参照してみるといいだろう。

参照元: Amazon.co.uk
Correspondent: Kuzo


画像をもっと見る