「BANANA REPUBLIC(バナナ・リパブリック)」が、ニューヨークを拠点に活動するデザイナーNarciso Rodriguez(ナルシソ・ロドリゲス)をデザインアドバイザーに起用した。Narciso Rodriguezは現地時間8月20日付けで同職に就任。彼のアドバイスを取り入れたファーストコレクションは、2013-14年秋冬シーズンより展開される。 バナリパアドバイザーにナルシソロドリゲスの画像を拡大

 「BANANA REPUBLIC」は、Narciso Rodriguezの現代の美的価値観や情熱がブランドのクリエーションと一致しているとして同氏をデザインアドバイザーに任命。ブランド副社長兼クリエイティブ・ディレクターのSimon Kneen(サイモン・ニー)とともに2013-14年秋冬シーズンよりコレクションをスタート。「BANANA REPUBLIC」の代表Jack Calhoun(ジャック・カルフーン) は、「我々はお客様にモダンでスタイリッシュなワークウェアを提供することにコミットしている。Narciso Rodriguezの専門知識は、Simon Kneenやデザイン・チームに貢献するだろう」とコメントを発表している。 Narciso Rodriguezは、自身の名前を冠したブランド「Narciso Rodriguez」を手がけるデザイナー。これまで、「LOEWE(ロエベ)」のクリエイティブ・ディレクターや、「CERRUTI(チェルッティ)」のディレクターなど様々な分野で活躍してきた。