パルコのファッションファンド1号ブランド「ジュン オカモト」限定ショップ初出店

写真拡大

 「JUN OKAMOTO(ジュン オカモト)」が、初参加する「メルセデスベンツファッション・ウィーク東京2013年春夏(Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO2013 S/S)」 におけるコレクション発表に合わせたポップアップショップを、渋谷パルコで10月11日から開催する。期間中に発表されるコレクションの一部も展示・販売予定。パルコによる日本初のファッションを応援するコミュニティ型マイクロファンド「FIGHT FASHION FUND by PARCO」の1号ブランドとして、これまでとは異なった方法の商品提案をしていくという。 ジュン オカモトが初の限定ストアの画像を拡大

 渋谷パルコPART1の1階部分に登場予定のポップアップショップは、現在セレクトショップのみで展開されている「JUN OKAMOTO」にとって初の単独出店。マジックや花束、ピアニストのグレン・グールドをキーワードにトランプ柄などがプリントされた2012-13年秋冬コレクションをメインに、「メルセデスベンツファッション・ウィーク東京2013年春夏」で発表するコレクションの中からも一部商品を店頭に並べる。デザイナーの岡本順は2013年春夏コレクションのショーについて「花畑が登場した先シーズンのショーの続きを行う予定で、風船を解き放つという演出を加える。物語をつくって、その世界に合わせたコレクションを発表するインスタレーションのような形式」と説明。本シーズンから「FIGHT FASHION FUND by PARCO」の出資金を活用した商品の販売をスタートする。 「JUN OKAMOTO」は、ウィメンズ向けのブランドとして2002年にパリを拠点に活動を開始したブランド。2010年からは東京に拠点を移し、2012年春夏コレクションではメンズラインを本格スタートさせている。岡本順は、今後について「直営店舗を展開していないため、これまでは購入者との直接的な繋がりが少なかった。出資者として繋がることができる『FIGHT FASHION FUND by PARCO』を通じて商品の種類を増やし、販路も拡大することで売上アップにつなげていきたい」と発表。顧客やバイヤーとの繋がりをもつためにデザイナー自らが商品を解説するムービーをブランドの公式サイト上に設けるほか、出資者専用のSNSを開設してリアルに近い状態で繋がる取り組みなども計画しているという。