これくらいはしておこう! みんなの「家での防犯対策」とは?

写真拡大

前回「マイナビ賃貸」が実施した「家での怖い体験談」に関する調査によると、しつこい勧誘や空き巣など、自分の家で怖い思いをしたことがある人は11.2%でした。

では、こうしたトラブルを未然に防ぐために、社会人はどんなことを実行しているのでしょうか? 今回は、住まいの防犯対策とその効果をマイナビニュース会員500人に聞いてみました。

みなさんもぜひご参考にしてください!■意識して防犯対策を行っている人は2割に満たない?Q1.現在の住まいで何か防犯対策を行っていますか?はい…16.8%いいえ…83.2%フタを開けてみると、大なり小なり意識して防犯対策を行っているという人は全体の16.8%と意外に少なめ。

さらに前回の調査で「家で怖い思いをした事がある」と答えた人の中でも、4割に満たないのが、ちょっぴり気になるところです。

■戸締まりを筆頭に、センサー・防犯ベル、ホームセキュリティを導入Q2.具体的にどのような対策か教えてください。

また、効果がありましたか?【1位】玄関や窓の施錠を強化・「窓に防犯用の器具を取り付けています。

気休めに付けています」(男性/28歳/東京都)・「窓に防犯フィルムを貼ったけれど、効果はわからない」(男性/22歳/東京都)・「玄関は二重ロックをしている。

空き巣には入られていない」(女性/27歳/神奈川県)・「窓と玄関の鍵を二重にしている。

今まで泥棒に入られてはいない」(女性/26歳/愛知県)・「玄関に毎日チェーンをかけ、寝る前に鍵の確認をしている。

空き巣に入られたことはない」(女性/30歳/岡山県)・「夜は窓のシャッターを閉めている。

今のところ怖い経験はない」(女性/29歳/東京都)「防犯対策をしている」人の4割以上が実行しているのが、玄関ドアや窓のロックを二重にしたり、夜間や留守中の戸締まりに注意すること。

空き巣は侵入に時間のかかる家を嫌うため、こうした対策は防犯の基本と言えます。

中には「鍵を三重にしています。

まともなやつなら入ろうとは思わない」(男性/29歳/神奈川県)という徹底派も。

【2位】センサー、防犯ベル・「センサーライトを付け、犬を飼ったおかげで、泥棒どころか来客も分かる」(男性/27歳/男性)・「防犯ベルをつけている。

窓を外から開けると大きなベルが鳴る」(女性/25歳/山梨県)・「ドアを開けるとベルが鳴るが、特に効果は感じない」(女性/ 26歳/神奈川県)・「窓ガラスに、割れた時に鳴るセンサーを付けました。

空き巣に入られていません」(男性/33歳/京都府)【3位】ホームセキュリティ・「警備会社に登録しています。

安心感が得られます」(男性/28歳/新潟県)・「ホームセキュリティをつけています。

玄関にステッカーを付けているせいか今まで被害はない」(女性/23歳/神奈川県)・「オートロックで、セコムに加入。

勧誘が無くなった」(男性/31歳/神奈川県)【4位】モニター&監視カメラ・「ドアモニターをつけました。

訪問者を確認し居留守が使える」(女性/29歳/東京都)・「アポがない訪問は出ない&モニターで確認して対応。

無駄な勧誘を受けなくなった」(男性/30歳/神奈川県)・「監視カメラを設置したので、不在時の訪問者がわかる」(男性/31歳/東京都)【5位】マンションのセキュリティ・「オートロックに住んでいます。

最低限の防犯」(女性/25歳/神奈川県)・「オートロックにしています。

変なセールスが上階に上がらない」(男性/31歳/東京都)それぞれ10名ほどが取り入れていると答えたのが、ドアモニターやオートロック。

しつこい勧誘などを防ぐ「効果がある」と感じている人が目立ちました。

ただ、オートロックのマンションでも外部から人が侵入するケースがあるので油断は禁物。

各部屋でもしっかり自衛策を取る事が大切です。

【番外編】こんな意見も?他には、「自転車を複数ガレージに駐輪して家族を装う」(男性/31歳/大阪府)「外出時も電気を点け、在宅に見せかける」(男性/35歳/愛知県)などのカモフラージュ派や、「のぞかれないよう窓にすだれを掛ける」(女性/42歳/東京都)といった目隠し作戦など、実にさまざまな対策が寄せられました。

今回のアンケートでは、防犯対策の効果が「わからない」「特にない」という回答が多数ありましたが、それは何事も起きなかった証拠でもあります。

それぞれができる範囲のことをして、「常に警戒しています」という姿勢を見せておくことが、犯罪の一番の抑止力になるのかもしれません。

あなたもこの機会にぜひ、住まいの防犯を見直してみませんか?(文・鈴木恵美子)アンケート対象:マイナビニュース会員調査時期:2012年7月21日〜2012年7月23日有効回答:500人調査手法:インターネットログイン式アンケート