歯科医が教える。健康ドリンクで歯が溶ける!?




「健康に良いとされるドリンクは、実は歯には悪いんです」と言うのは、歯学博士で口腔(こうくう)衛生・口腔外科がご専門の江上一郎先生。詳しいお話を伺いました。



■歯のエナメル質は、飲食物の酸で溶ける



――歯が溶ける、ということがあるのでしょうか。



江上先生 ここ数年、「食事をすると歯が全体的にしみる感じがします。虫歯ではなさそうなんですが」と受診される患者さんが増えました。

しみる理由は、歯のエナメル質が溶けて神経が過敏になっているからです。



歯の表面は「エナメル質」で覆われています。エナメル質は、口の中が酸性になったり、歯に酸が付着すると溶けやすいという性質があるんです。



――どういうときに、歯に酸がつくのでしょうか。



江上先生 複数の患者さんに生活習慣をお尋ねすると、「酸性が強いドリンクをちびちび飲んでいることが多い」と分かりました。

例えば、「5年ほど前からマラソンを始め、常にスポーツドリンクを持って少しずつ飲みながら走っている」、「クエン酸が体にいいと聞いたので、毎日レモンのスライスを食べている」などの症例が多くあります。



スポーツドリンクと呼ばれる飲料やかんきつ類は酸性が強いので、歯はいつも酸性に浸されていることになります。



――歯が溶けると、いったいどうなるのでしょうか。



江上先生 飲食の酸によってエナメル質が磨耗(まもう)した歯のことを、「酸蝕歯(さんしょくし)」と言います。

一部の歯だけではなく、複数の歯、あるいは全体的にエナメル質が薄くなって象牙質が見えてくる状態です。前歯が数本薄くなっているというのはよくあることで、歯の角が欠ける、折れやすくなる、黄色く変色する、飲食のときにしみて痛みが出る、虫歯になるなど、さまざまなトラブルに発展します。



■健康に良いとされるドリンクは酸性が強い



――酸性が強いドリンクについて教えてください。



江上先生 酸性やアルカリ性を示すPH(ペーハー)は、7が中性で水がその7にあたり、数字が小さくなるにつれて酸性が、大きくなるにつれてアルカリ性が強くなります。



スポーツ飲料、黒酢飲料、健康飲料はPH3.0前後とどれもともに酸性が強いため、長時間歯に付着すると、エナメル質が溶けやすくなります。



また、乳酸飲料や、疲れをとるとされるグレープフルーツ、レモン、オレンジなどかんきつ類とそのジュース、梅酒、それに、ポリフェノールを含むことで健康に良いと言われる赤ワインなども、PH2.9〜4.0ぐらいと酸性が強いのです。



つまり、「健康増進のために飲んでいるドリンクが、実は歯には悪い」ということになるんです。



健康ドリンクを飲まない方がいいというのではなく、この事実をご存じない人が多いので、知っておく、ということが大切です。また、コーラ飲料はPH2.1ほどで特に酸性が強いので注意してください。



■飲んだ後は水や唾液(だえき)で口をすすぐ



――歯が溶けると、修復はできないのでしょうか。



江上先生 歯のエナメル質が溶けることを『脱灰(だっかい)』と言いますが、普通は、脱灰しても唾液(だえき)の働きで中和されます。



中性になると、唾液(だえき)中に含まれるカルシウムやリンが弱った歯の表面に付着し、エナメル質は元通り修復されます。これを『再石灰化(さいせっかいか)』と呼びます。歯の表面は日ごろ、溶けたり元に戻ったりしているわけです。



ただ、修復するほうが時間がかかります。そのため、歯が長時間酸に浸っていると、再石灰化ができずに表面が溶け出してくるようになります。



――どう対処すればいいのでしょうか。



江上先生 次のように注意をしてください。



(1)夜、黒酢やスポーツ飲料を健康のためにと思って飲み、そのまま寝るのが歯には最もよくない。寝ている間は唾液(だえき)の分泌がかなり弱まるので、修復作用が働きにくく、溶けっぱなしになりやすい。



(2)酸性が強いドリンクを、ちびちび、だらだら飲まないようにする。



(3)酸性が強いドリンクや食べ物を口にした後や寝る前は、水で口をすすぐか、水を飲む。



(4)意識をして、唾液(だえき)で口の中を掃除するようにする。



(5)酸性が高い飲食物を口にした後、すぐに硬い歯ブラシで歯磨きをしない。エナメル質の摩耗が激しくなる。



最後に江上先生は、

「赤ワインやビール(PH4.0前後)などのお酒を飲むときは、水を飲み合わせるのが歯にも健康にも良い」とアドバイスを付けたします。



健康ドリンク愛好派としては、これは放っておけない情報です。水と唾液(だえき)の力を借りて、エナメル質を守りましょう。



監修:江上一郎氏。歯学博士。専門は口腔(こうくう)衛生。歯科・口腔外科の江上歯科院長。

江上歯科 大阪市北区中津3-6-6 阪急中津駅から徒歩1分、御堂筋線中津駅から徒歩4分

TEL:06-6371-8902 http://www.egami.ne.jp/



(藤井空/ユンブル)