ゲームポット、「ペーパーマン」香港・マカオ地域での展開を発表

オンラインゲームの開発・運営を行う株式会社ゲームポットは、Windows用オンラインシューティングゲーム「ペーパーマン」に関して、既に台湾でペーパーマンの展開を行なっているPole Star Digital Technology Co., Ltd.社と香港・マカオ地域における地域独占配信権の付与契約を締結。2012年年内に香港・マカオ地域においてサービス開始することを発表した。

【関連:C&C、「DARK BLOOD」日本国内独占ライセンス契約締結】

 

香港・マカオ地域でのサービス開始についてPolestar社CEOのTony Hsueh氏は、専用サーバーのオープンだけではなく、現地に特化した声優を起用し、現地マップなどの独自コンテンツの準備も進めているとコメントしている。

「ペーパーマン」は2009年2月から株式会社ゲームポットが運営しているFPS形式のオンラインゲーム。もともと株式会社サイカンゲームズから提供されていたが、サイカンゲームズの解散によりゲームポットに事業譲渡され引き継がれている。

本作は、プレイキャラクターが「紙」で出来ていることが最大の特徴で、横を向くと線上になり、撃たれれば穴が開き、爆弾で相手を燃やしてしまうなど、ゲーム内には「紙」ならではの演出が多数盛り込まれている。
その他には、キャラクターボイスに多数の人気声優が出演しているのも特徴。

台湾Polestar社のポータルサイト
http://www.psonline.com.tw/

ペーパーマンペーパーマン
ペーパーマンペーパーマン