佐川急便
熊本店 安全推進課課長
大西由希子
1976年生まれ。延岡商業高校卒業後、佐川急便入社。2006年、同社女性初の管理職に。

写真拡大

佐川急便グループはヤマトホールディングスと並ぶ運輸業界の二強だ。単体の売り上げは約8029億円(2009年3月期)、従業員数約3万8000名の巨大企業である。(※雑誌掲載当時)

佐川急便と聞くと、私たちの頭に浮かぶのは冬でもシャツの袖をまくりあげて町を疾走する体育会系の男性ドライバーの姿だ。しかし、同社には現在1700名(全体は約3万名)の女性ドライバーがおり、彼女たちも男子に負けず「佐川ダッシュ」しながら、荷物を運んでいる。

大西由希子さん(33)はまだ女性ドライバーが40名しかいなかった13年前に入社した。最前線で荷物を運び続け、担当地区の売り上げを伸ばし、二度全国最優秀社員賞を受賞している。06年には同社初の女性営業管理職となり、今年3月までは熊本支店で十数名の部下を持つ営業課長だった。4月からは勤怠管理、コンプライアンスを担当する安全推進課課長となり、支店全体に目を配っている。

延岡出身の彼女は高校卒業後、ゴルフ場で2年間キャディをやっていた。キャディを辞めて地元の運送会社でアルバイトをしていたある日、新聞を開くと「女性ドライバー募集」という広告が載っていた。

「これだ、と思いました。佐川急便のドライバーはきびきびとしていて、自分もあんなふうに働きたいと思っていました。そして、何よりも私は飛脚のマークが大好きでした。あのマークをつけたトラックを運転したいと思った」

延岡店に配属された大西さんは当初軽四輪に乗り、4年後念願の2トントラックを操るようになる。

「配送の仕事は支店によってまったく性質が違います。都市の店舗は荷物の数が多く、配達の距離は短い。一方、地方の店舗は広い地区を走り回って集配しなければなりません。延岡店では1日に約400個の集配をし、配達の合間に飛び込み営業をしていました」

彼女によれば「女性ドライバーは飛び込み営業しても断られにくい」というメリットがあるとのこと。大西さんにとって忘れられない営業の成果は、ほぼ1年がかりで鮎の養魚場経営者を口説き落としたことだ。

「飛脚クール便で全国に鮎を送りませんかと提案しました。なぜ1年近くもかかったかといえば、宅配便の場合、運輸業者がよほどのミスでもしない限りお客さまは業者を変えようとは思わないのです。私は時間をつくっては養魚場へ寄り、世間話をした後、『一個でいいです。一度試してみてください』と話しました」

熱意が通じ、社長は大西さんに荷物をひとつだけ託した。彼女は預かった荷物が届け先に着くところまで確認した。そして結果をフィードバックしたところ、丁寧な仕事に感心した社長は、以後鮎の配送をすべて佐川急便にまかせてくれた。

大西さんは「値段を下げたからといって仕事をいただけるとは限りません」と言う。

「お客さまは、荷物が他社便より早く届くか、壊れたりキズがついたりしないかを厳しくチェックします。配送コストが安いことより、運輸業者が信用できる相手かどうか、長くつきあえる相手かどうかを見ているのです」

----------

「決めトーク」は
「当社を使っていただければ、トータルな物流パートナーとしてずっと一緒にやっていきます」。一度受注したら終わりではないことが伝わるよう心がけている。

自己啓発の仕方
部下はほとんど男性で年上。男女の脳の違いについての本や話し方の本を読んで、褒め方や叱り方を勉強している。

優先順位のつけ方
ドライバー時代は、時間指定のある荷物から優先して届けていた。それ以外でも、早く確実にお客さまの手元に荷物が届くことを重視している。

服装、化粧の仕方
荷物の積み下ろしを手伝うこともあるため、ふだんは会社支給の縞々シャツに青いウインドブレーカー、紺のパンツ、スニーカー。化粧はごく薄め。

記憶に残る失敗談
特にない。高校時代ソフトボールの選手だったとはいえ、男性と比べると一度に持てる荷物が少ないため、「配達が遅い」とクレームを受けたことも。

----------

※すべて雑誌掲載当時

(野地秩嘉=文 笹山明浩=撮影)