お笑いコンビ「キャイ〜ン」の天野ひろゆきが8月17日(2012年)、格闘マンガ「グラップラー刃牙(ばき)」シリーズ第3部の最終回を週刊少年チャンピオン(秋田書店)で読み、著者の板垣恵介に電話で感想を伝えたとブログに書いている。天野は以前からこの作品が好きなことを明かしていて、バラエティ番組「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「グラップラー刃牙芸人」に出演経験がある。

最終回を読み終えてすぐに著者の板垣に電話すると感想を聞かれ、「先生以外誰も書けない、最強の結末だと思います」と答えると、「ありがとう」と返ってきたという。「少しは休めるんでしょうか?」と質問したが、「少し休んだから、もう次回作にとりかかるよ!」と言われ、天野は「ま、まじですか汗 天才は休まない!!」と驚いた様子だ。ブログの最後には「グラップラー刃牙」のキャラクターをまねた自分の写真を掲載。顔には傷跡に見えるメイクが施されている。