「白雪姫ドレスコンテスト」コスチュームデザイナー石岡瑛子の遺作公開記念開催

写真拡大

 コスチュームデザイナー兼アート・ディレクターの故・石岡瑛子(いしおかえいこ)が生涯最後に衣装を手がけた映画「白雪姫と鏡の女王」の公開を記念して8月17日、「白雪姫ドレスコンテスト」の開催が発表された。「鏡よ鏡、未来の石岡瑛子はだあれ?」をキャッチコピーに、第1弾企画「白雪姫デザイン画コンテスト」の応募受付を同日からスタート。オンライン上でエントリー可能で、受付期間は8月30日まで。 「白雪姫ドレスコンテスト」開催の画像を拡大

 映画「白雪姫と鏡の女王」に登場する白雪姫は、恋愛やバトル、アクション、ダンスで自ら運命を切り開いていく個性溢れるキャラクター。今回開かれる「白雪姫ドレスコンテスト」も同作の白雪姫と同様に、タフで前向きな姿勢による独創的なクリエーションで新たな白雪姫像を募集する。第1弾「デザイン画投稿コンテスト」は一般応募可能で、テーマは「私が考える新しい白雪姫が身に纏うドレス」。特設サイトからエントリー後、Facebookの「いいね!」ボタンで8月31日から一般投票を開始する。また、9月上旬には第2弾としてドレスメーカー学院と文化服装学院、バンタンデザイン研究所の各校代表者が参加する「ドレス制作コンテスト」を東京で実施予定。代表者がドレスを披露し、"未来の石岡瑛子"を決定する。 グリム童話「白雪姫」を色鮮やかでロマンチックなファンタジー・エンタテインメントにアレンジした映画「白雪姫と鏡の女王」は、9月14日から丸ノ内ルーブルほか全国の映画館で公開。若い娘に嫉妬する自分大好きなワガママ女王役としてキャリア史上初の悪役で女優ジュリア・ロバーツが出演し、新進女優のリリー・コリンズが白雪姫役を務めている。 同作が渾身の遺作となった石岡瑛子は、フランシス・コッポラが手がけた「ドラキュラ」でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞し、北京五輪では開会式の衣装デザイン監督を務めるなど世界的に活躍してきたが、2012年1月21日に73歳ででこの世を去った。「白雪姫ドレスコンテスト」の他、石岡瑛子が手がけた衣装展も「IENA SLOBE 新宿店」を皮切りに、「スワロフスキー 銀座」や「ラ・グラン アクアガール 青山」など各地を巡回する。■白雪姫ドレスコンテスト【第1弾企画】 デザイン画投稿コンテスト ・応募受付:2012年8月17日(金)〜8月30日(木) ・投票開始:2012年8月31日(金) ・結果発表:2012年9月28日(金)  URL:http://gacchi.jp/cp/dress_mirror/■白雪姫と鏡の女王 9月14日(金)より丸の内ルーブルほか全国ロードショー URL:http://mirrormirror.gaga.ne.jp