42度のお風呂入浴は紫外線によるシワ予防効果あり!? 再春館製薬などが発見

写真拡大

再春館製薬所が共同で研究を進めている慶応義塾大学・水島徹教授らのチームは、2012年8月7日、マウスの皮膚を温めると紫外線によるシワが防げるという研究結果について発表した。

研究内容は皮膚科学の分野で最も権威のある米国科学雑誌「Journal of InvestigativeDermatology」に掲載されると共に、9月19日からイタリアで開催される、欧州研究皮膚科学会で発表される予定だ。

同研究は同社と慶應義塾大学、熊本大学、名古屋大学の共同研究。

今回の研究では、マウスの皮膚を42度のお湯に5分間つけると、HSP70などのHSPが増えることを発見した。

HSPとは熱ショックタンパク質のことで、細胞が熱などのストレスを受けると細胞の中で作られるタンパク質。

HSPには様々な種類があり、特にHSP70は細胞を保護する作用の最も強いHSPとして注目されている。

同研究グループでは以前から皮膚におけるHSP70の働きを研究し、HSP70が紫外線による皮膚の傷害を抑え、紫外線によるシミを抑える効果があること発見してきた。

実際に研究グループではHSP70を増やす天然物を検索し、ヤバツイやアルニカという植物の成分が安全にHSP70を増やすことを発見。

これらを配合した化粧品を再春館製薬所から発売している。

今回はHSPのシワに関しての研究を実施。

マウスの皮膚を42度のお湯に5分間つけると、HSPが増えることを確認できたため、次に42度のお湯に5分間つけてHSPを増やした後に紫外線を当てるという処理を10週間継続して行った。

シワの形成について調べたところ、37度のお湯に5分間つけたグループのマウスではシワが確認できたが、42度で温熱処理をしてから紫外線を当てたグループではシワがほとんどできなかった。

HSP70を常に生産している遺伝子改変マウスでも同様のシワの抑制が見られたことから、HSP70は紫外線によるシワを防ぐ効果があることが分かった。

また、HSP70はコラーゲンを分解するタンパク質を減らすことを発見。

なおHSPには、コラーゲンの生産を助けるHSP47というタンパク質もあり、温熱によるシワの抑制にはHSP47も働いていると考え、研究を進めている。

42度というのはちょっと熱めのお風呂の温度。

同研究グループは人間も紫外線を浴びる前に熱めのお風呂に入ると、マウスと同様にシワを防ぐことができる可能性があり、今後の応用研究が期待されると述べている。