不動産情報を私小説のように紹介する「東京妄想不動産」開始 -ALIVE

写真拡大

不動産仲介業を手掛けるALIVEは、不動産情報を小説仕立てで紹介する「東京妄想不動産」を提供開始した。

「東京妄想不動産」は、Facebook上で展開される不動産物件紹介記事。

ラブラブな二人、ほのぼの家族、などの生活の一部を小説仕立てで紹介しながら、物件に対するイメージを鮮明にする手助けとなることを狙う。

例えば、あるデザイナーズ物件は以下のように紹介される。

■ 彼が来ない日も寂しくない ■東麻布のひっそり感と東京タワーの存在感のアンバランスがいいかも。

窓の外を見ながらそう思った。

大規模はマンションの割には、エントランスは小さめ。

お部屋の天井が高いから、外との一体感が大きい。

心が解放される。

ちょっとした色遣い〜キッチンのイエローと大理石の組み合わせ〜 が、他では見ない感じなのよね。

車で移動する私は、混むことのないこの辺だと ストレスなく暮らせる。

いずれハイルーフの車に買い替える予定だから、それ用の駐車場があることもポイント高い。

ピアノとペットが両方OKだったことも、決め手だったかな。

彼が来る日は、車でお買い物に行って、 急いでお料理作ってあげよう!来ない日は、東京タワー眺めながらワインでも飲もう。

フレンチブルのトントンがいてくれるから、一人の時間も寂しくないから。

同社では、「これまでの物件概要・条件の説明だけでなく、“主人公の主観”で記述された、住み手目線の情報を提供することで、利用者にとって“より納得できる選び方”を提案する。

また、オーナーにとっては、通常の条件検索では埋もれてしまう物件も、違う視点で紹介してもらえるというメリットもある」など借り手と買い手にとって、より人間的な選択ができるサービスを目指したいとしている。