動物園の動物が絵画に。「動物日本画・鋳金作品展」を開催 -上野動物園

写真拡大

上野動物園は、毎年参加している「上野の山文化ゾーンフェスティバル」にて、11月13日から25日まで、企画展「動物日本画・鋳金作品展」を開催する。

「上野の山文化ゾーンフェスティバル」は、台東区と上野の森の博物館や美術館などの文化施設が連携し、相互に交流・連携を深めることによって、上野の山を芸術・文化の拠点として発展させることを目的とするイベント。

毎年秋に開催され、今年20周年を迎える。

「動物日本画・鋳金作品展」は、東京藝術大学の日本画研究室と鋳金研究室の学生が、同園の動物を題材に製作した日本画25点(予定)と、鋳金作品6点(予定)を展示する。

日本画は会期中に作品の入れ替えを行い、前半・後半で異なる作品を展示するもの。

開催期間中、学生による解説を実施する。

詳細は、決まり次第同園のホームページに掲載する。

同園では、「上野動物園で、芸術・文化の秋を感じてほしい」と呼びかけている。

■企画展「動物日本画・鋳金作品展」概要 ・日時:2012年11月13日(火)〜11月25日(日) 各日10時〜15時 ・場所:上野動物園 西園 ズーポケット ・展示作品リスト(予定): 日本画…アジアゾウ(3点)、アロワナ、イリエワニ、オオアリクイ、オリイオオコウモリ、カバ、キリン+オカピ、クロツラヘラサギ、ケープペンギン、コンドル、スマトラトラ、タンチョウ、ニシローランドゴリラ、ニホンザル、ハゲトキ、ハゲワシ、バーバリーシープ、フラミンゴ、ホッキョクグマ、見島牛+メンフクロウ、ライオン、ライチョウ、ワシ 鋳金…アジアゾウ、クジラ、クロシロエリマキキツネザル、ニシローランドゴリラ、ニホンザル、ヒツジ