向後の7日株!:3度目の上方修正!昨年上場の、利益倍増、高成長小型株(605X)
7日以内に株価が沸騰しそうな株を毎日1銘柄ズバリ! 業績サプライズ系、株価出遅れ系、さらに思惑系も…さあ、チェック!!

リブセンス (6054)が今日の注目銘柄!

お盆休み真っ只中で、市場参加者が少なく、全体相場が閑散・枯渇しているため、高成長が期待できる小型株の同社に注目します。なお、14日に12年12月期通期業績見通しの上方修正を発表しました。ちなみに、今期の業績上方修正は、5月、7月に次いで、3度目となります。

通期単体業績は、売上高は従来17.77億円から23.23億円(前期比104.8%増)、営業利益は同7.19億円から11.33億円(同118.6%増)、経常利益は同7.19億円から11.13億円(同119.1%増)、当期純利益は同3.98億円から6.05億円(同121.1%増)と、営業利益段階から倍増となる見通しです。この非常に高い業績変化率と、成長力を評価します。

同社の主力は、成功報酬型ビジネスモデルの求人情報サイトの運営です。また、不動産や中古車販売などの分野でも、成功報酬型サイトを展開しています。

スマートデバイスの普及拡大や、求人広告市場における12年上半期の求人広告件数が前期比約2割増となったことなど、外部環境は追い風となっています。また、昨年12月東証マザーズ上場によって知名度が上がり、サイト利用者が増加したことや、広告料の値上げなども寄与しています。

主力のアルバイト求人サイト「ジョブセンス」では、業界トップクラスの約5万件の掲載数と、月間300万人のユーザ数を誇っています。
企業にとって掲載リスクがないため、営業マンが奔走せずとも、企業が自ら求人を出してくれるため、効率的な運営ができることが同社の強みです。

14日終値は2848円です。同社の昨年12月7日の初値は900円(分割考慮後)で、これを大幅に上回っています。株価は同社の成長を順調に織り込んでいるといえるでしょう。

週足チャートをみると、13・26週移動平均線ともに右肩上がりで、中期的な上昇トレンドが発生しています。日足ベースでも、一目均衡表の雲上限(14日現在、2767円)を上抜けました。
外部環境が不透明で全体相場に方向感がない相場環境でも、同社のように内需系の業績好調な銘柄は、今後も上昇トレンドを続けるとみています。

向後はるみ(HARUMI KOUGO )
黒岩アセットマネジメント

金融・経済を日々研究し、タイムリーな銘柄情報に定評がある。投信、先物、FXなど金融商品の仕組みにも詳しい。テクニカルアナリスト、ファイナンシャルプランナー。