(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●張魯、法正と交戦する!
北方からの張魯軍の進攻に抗戦するのは劉備軍の法正、明らかに戦力不足の状況ながら暫く持ちこたえます。そこにやって来たのは孔明の援軍部隊、張飛、趙雲等の豪傑によって張魯軍は撤退を余儀無くされます。

一方、思うように動きが取れない劉備と龐統。まずは黄忠が劉璋軍に夜襲を仕掛けようとするも、魏延が黄忠に対して出し抜いて夜襲を仕掛けようとします。

そこで止むなく劉備も2人を追いかけて進軍する事になりますが…。
●魏延と黄忠、勝利はしたが
結果的には夜襲は成功し、劉璋軍に勝利したとは言え劉備軍の犠牲もかなりのものとなります。この事で劉備は抜け駆けにより功を焦った魏延と黄忠を許しはしましたが…。

龐統の本来の目的である益州制圧、ところが孔明達の援軍によって逆に現時点の守備が安定してしまう事を龐統は恐れているのです。

劉備としても可能な限り無益な戦いを避けたいと考えているようですが…。
●劉備、厳顔に和平を申し込むも
劉備は趙雲を使者に立て、劉璋軍の厳顔に和平を申し込もうとします。表面上こそ厳顔は和平の話し合いを承諾したものの、裏で劉備を暗殺しようと企みます。その場所は落鳳坡!

厳顔との和平対談の日、劉備は龐統を連れて出掛けますが…。龐統は劉備の白竜(馬)を借りて一足先に落鳳坡へ向かいます。

すると落鳳坡には厳顔の伏兵が龐統を弓矢で射抜きます。これによって龐統は絶命してしまいます。まるで劉備の身代わりとして…。

表面上は劉備や孔明とも対立していた龐統、それらは全て劉備を助けるがための事だったのです。

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第45話「凶星西の空に輝く」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第44話「三つの日輪」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第43話「引き裂かれた愛」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第42話「戦乱の英雄たち」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第41話「蜀への地図」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト