読む鉄道、観る鉄道 (14) 『皇帝のいない八月』 - ブルトレブームの子供たちを怖がらせた陰謀物語

写真拡大

前回はヨーロッパ特急を舞台に政府の陰謀を描く『カサンドラ・クロス』を紹介した。

ならば次は、『皇帝のいない八月』に決まりだ。

同作品は「和製カサンドラ・クロス」と称され、原作を書いた作家の小林久三氏も、『カサンドラ・クロス』を意識していたという。

物語の結末は、『カサンドラ・クロス』と同じかそれ以上に不条理だ。

当時の日本映画としては珍しい結末といえる。

1975年頃から始まったブルートレインブーム。

映画『皇帝のいない八月』は盛り上がりが最高潮に達した1978年に公開された。

寝台特急「さくら」が舞台とあって、多くの鉄道ファンが映画館に訪れたが、その内容はシリアスで壮絶。

自衛隊のクーデターと政治家の陰謀を描いた硬派な物語だった。

皮革製品業界紙の記者、石森(山本圭)が、福岡の取材を終えて東京に帰る。

最終の新幹線に間に合わず、キャンセル待ちで寝台特急「さくら」のきっぷを買った。

その石森に怪しい男たちが近づき、きっぷを譲れと脅す。

その態度が気に食わない石森は職業柄、男たちの靴を見て正体を察知。

そのとき、かつての恋人、杏子(吉永小百合)の姿を見つけ、彼女を追うように立ち去る。

杏子は、ホームで「さくら」の車中にいるはずの夫、藤崎(渡瀬恒彦)を探していた。

元自衛官の藤崎が、「危険な旅に出る」と察したからだ。

このとき、すでに全国で自衛隊員によるクーデターが実行されており、藤崎たちも東京に向かう作戦行動中であった。

石森と杏子は、藤崎たちに「さくら」1号車に囚われてしまう。

石森が乗った1号車は、藤崎が率いる自衛隊員ばかり乗っていた。

一方、東京では、すでに内閣情報室長の利倉(高橋悦史)が事態を察知していた。

利倉は総理に報告。

緊急閣議が開催される。

彼らの命を受け、利倉と自衛隊幹部の江見為一郎(三國連太郎)は首謀者の割り出しと、日本各地のクーデター鎮圧に向けて指示を出す。

しかし、このクーデターの背景には、自衛隊を合憲化し国軍として認めさせようとする与党の黒幕一派と、総理が率いる派閥との対立があった。

各地のクーデターが鎮圧に向かうなか、追い詰められた藤崎は、「さくら」に爆弾を仕掛け、乗客を人質に取って目的を達成しようとする。

その強い意志を見せつけられた石森は狂気を察し、杏子は愛憎に揺れ動く。

360名の乗客を乗せた爆弾列車は、深夜の山陽本線を東京へ走り続ける……。

列車での場面はおもに石森の視点で描かれる。

石森役の山本圭は、『新幹線大爆破』でテロリストを演じたが、今回は正義の側。

じつは彼、この作品の監督を務めた山本薩夫氏のおいとのこと。

清純派のイメージが強い吉永小百合は、この作品で影のある大人の女性を演じた。

「サユリスト」にとってショッキングな場面もある。

藤崎の盟友、東上役に山崎努。

東上と藤崎が向かい合うシーンは胸が熱くなる。

若手俳優として、藤崎の部下役に風間杜夫や永島敏行もいる。

事件に迫る新聞記者には、現千葉県知事の森田健作。

さらに、『喜劇 急行列車』で「さくら」の車掌を演じた渥美清が、この作品では乗客として出演し、笑いを誘う。

当時は、「寅さんがクーデターに巻き込まれた」と話題になったらしい。

乗客のひとりで、恋人といちゃつくかわいい女性を演じたのは泉じゅん。

日活ロマンポルノの大人気女優で、現在は”毒舌料理人”こと結城貢氏の奥様だそうだ。

石森の妻役の香野百合子さんにも注目。

『ウルトラセブン』で美少女宇宙人「マゼラン星人」を演じ、その後、『太陽にほえろ!』で「殿下」こと島刑事の婚約者を演じたことでも知られている。

1975年の『新幹線大爆破』と同様、寝台特急「さくら」を爆破させるという内容のため、この作品でも国鉄の協力はなかった。