これは太い!愛知の名古屋名物「きしめん」の極太麺をすすってきた!

写真拡大

古参の名古屋名物でありながら、昨今の「名古屋めし」ブームに完全に乗り遅れた感のある食べ物。

それが、きしめんだ。

きしめんはそもそも、何故に名古屋名物なのかも判然としない。

ルーツも諸説あるが、どれも決め手に欠ける。

第一、うどんに比べて、ナゴヤ人自体そんなに好んできしめんを食べている訳ではないことは、多少でも名古屋に住んだことのある人なら、実感として分かるだろう。

では、きしめんには魅力がないのか? そんなことはない。

あの平麺ならではのツルツルっと口に入ってゆく喉越しは、きしめん以外では味わえない食感だ。

パスタのフェットチーネも、山梨名物のほうとうも、姿形こそきしめんに似ているが、この醍醐味(だいごみ)は到底味わえない。

新幹線のホームで食べるきしめんがうまいのは、待ち時間の間にツルツルっと食べるシチュエーションも影響しているのだろう。

以前、とあるうどん店で聞いた話だが、きしめんの麺の幅広さには「時代の流行」があるという。

理由は定かではないが、恐らくほかの麺類の流行がきしめんにも影響しているのだろう。

となると、二郎系ラーメンや油そばの太麺がはやっている今の時代なら、「極太」が流行の最先端なのだろうか。

そう思い調査を開始した。

実は名古屋には「まるみ亭」という極太きしめんを提供する店があったが、数年前に惜しまれつつ閉店してしまった。

まるみ亭に代わる極太きしめんの店を探すと、それは名古屋市熱田区の中央卸売市場の中にあった。

その店の名は「まんてんうどん」である。

市場内の店らしく、営業時間は朝4時から昼の2時まで。

「はい、これがきしめんの麺」。

そう手渡された麺の幅を定規で測ると、なな何と、ジャスト3センチ! 厚さも2ミリはあろうか。

太っ!これは予想以上だ……。

まんてんうどんの主人、大西景三さんに話を聞く。

ここで店を開いて9年になるが、実はそれ以前に、親御さんも別の場所でうどん店を営んでいたそうだ。

相撲が大好きで、力士にうどんをごちそうしたところ「普通のうどんは食べた気がしない」と言われ、発奮して開発したメニューがこの極太きしめんだったという。

それが20年前。

「製麺屋に刃を特注して作ってもらった」というリキの入ったこのメニューは息子に引き継がれ、名古屋でも随一の極太麺として光を放っている。

普通のきしめんは平べったいので、うどんよりもゆで時間が短い。

しかしこの麺は真逆だ。

極太だけあって、ゆで時間は実に20分かかるという。

そのため、事前に固ゆでしておき、オーダーが入ってからもう一度ゆでている。

冷やしにすると、もっとゆで時間が必要だ。

こりゃ店主泣かせのメニューだわ……。

話をつゆに移そう。

名古屋のめんつゆは独特だ。

黒っぽい色こそ関東風だが、その実、ダシの主体はかつお節ではなくムロ節(ムロアジ)やササ節(宗田ガツオ)から取られている。

かつお節よりもさっぱりとした味わいで、これに名古屋ならではのたまりじょうゆの本返しを投入する。

やや濃い口で少し甘めの「名古屋風つゆ」の完成だ。

大西さんもいろいろ試したそうだが「市場の人は昔ながらの名古屋の味を好む」ということで、結局のところ「ナゴヤスタンダード」に落ち着いたという。

このつゆこそ、極太きしめんをがっしり受け止めるベストパートナーなのだ!いよいよ実食。

出来上がった極太きしめんはだしの香りが高く、それだけで食欲を大いにそそる。

自分の口の幅は約6センチ。

それに対し、極太きしめんの幅は前述の通り3センチ。

定規を手に持って 想像して欲しい! 口の半分の幅に、1本の麺がツルツルと入り込んでいく光景を!!ズズズーではなく、ツツツうぅ?と”見えざる手”に導かれるように口の中に吸い込まれていくきしめん。

しかし厚さもハンパない。

ツルツル感に加えて、独特のモッチリ感がきしめんを新たなステージへと導いていく。

トラッドなつゆが麺に程よく絡み、しっかり名古屋の味としてアピールしている。

極太きしめんの冷やし麺(名古屋では「ころ」と呼ぶ)も味わってみた。

つゆはざると同じもので、カツオをきかせ、かけよりも濃厚で風味が強い。

冷水でキュッと締められた麺は、かけ以上になめらか。

そして麺本来の強さが際立つ。

麺の圧倒的な存在感に脱帽だ。

開店当時は、知る人ぞ知るメニューで、手がかかるし、注文も出ない。

という訳で、休止していた時期もあったそうだ。

しかし親から受け継いだ大切な味。

「とにかく出そう!」と決めて再開し、今は根強いファンもつくようになったという。

「市場に出入りしている人は舌が肥えている。

そんな人に認められた実感はあります」と大西さん。

店主のきしめんへの情熱とこだわりが、この名古屋の味を全国に広めていくのかもしれない。