”事故未然防止”訴え、あいおいニッセイ同和のテレビCM「タフなドライブ」篇

写真拡大

あいおいニッセイ同和損害保険は9日より、新テレビCM「タフなドライブ」篇を放映している。

今回の新CM「タフなドライブ」篇では、同社の商品ブランド「TOUGH(タフ)」のキャラクターであるクマの親子「タッフィー&ハッピー」が楽しくドライブをしている。

ドライブ中に、さまざまな危険な出来事が二人に降りかかるが、一つ一つを巧みに切り抜け、どこまでも安全に運転する様子がほのぼのと映し出されている。

「事故が発生した時のみならず、事故そのものから顧客を守る”事故未然防止”に努める」という損害保険会社としての同社の使命をイメージして作成したという。

同社は2010年10月より、クマの親子「タッフィー&ハッピー」を、商品ブランド「TOUGH(タフ)」のキャラクターとしている。

ドライブでも、ピクニックでも、魚釣りでも、海水浴でも、いつも一緒のふたり。

好奇心旺盛な子グマ(ハッピー)は、パパグマ(タッフィー)の「タフ」な安心に包まれて、いつも笑顔で暮らしている。

大きくてやさしい「安心」があれば、どんなにクマった(困った)ことがあっても大丈夫。

「タッフィー&ハッピー」は、NHK教育の人気番組『シャキーン!』内で放送されている人気アニメ「おべとも学園」の作者、obetomo(おべとも)が描いたキャラクター。

obetomo(おべとも)とは、1979年東京都生まれで、東京造形大学卒業後、スイスイに所属しているイラストレーター、アニメーション作家。

本名は岡部知子(おかべともこ)と言い、「obetomo」は、学生時代のあだ名に由来する。

同社は今後も、キャラクター「タッフィー&ハッピー」と共に“迅速”“頼れる”“優しい”安心を顧客に届けていくとしている。