【女性編】仕事上の情報収集の方法ランキング


あなたは調べる派? 人に会う派?





仕事人にとって、何より欠かせないのが情報収集。顧客やマーケティングに関する情報だったり、人からの有益な情報だったり、職種に応じて、それぞれアンテナを張り巡らせ、網を張り……というのが必須でしょう。皆さんはどのような工夫をして、情報収集にいそしんでいるのでしょうか。マイナビ会員の女性575名にうかがいました。





Q.仕事上の情報収集の方法を教えてください(複数回答)

1位 インターネット 66.6%

2位 上司や同僚 38.4%

3位 新聞・雑誌、カタログ・パンフレット 19.8%

4位 セミナー 19.3%

4位 本屋 19.3%

6位 人の話に耳を傾ける 19.0%







■インターネット

・「手軽で簡単なので」(28歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「インターネットを通じて、知人とかから情報を得やすい」(35歳/その他/クリエイティブ職)

・「仕事上のわからないことを調べられる」(25歳/機械・精密/技術職)





■上司や同僚

・「現場の先輩や同僚との情報交換が一番」(27歳/通信/販売職・サービス系)

・「会社のことは、上司や同僚しかわからない」(30歳/金融・証券/技術職)

・「いろんな上司や先輩と仲良くなればいろいろ教えてもらえる」(26歳/商社・卸/営業職)





■新聞・雑誌、カタログ・パンフレット

・「新聞をチェックすることが大切だから」(23歳/金融・証券/営業職)

・「毎日、日経新聞から」(23歳/金融・証券/営業職)

・「ネットで探して、もっと情報が欲しければ雑誌や有識者を頼る」(27歳/情報・IT/技術職)





■セミナー

・「セミナーは体験談も含むからよりためになる」(30歳/情報・IT)

・「収穫があるから」(25歳/医薬品・化学/事務系専門職)

・「展示会やセミナーは、いろいろなものに出会えるから」(24歳/印刷・紙パルプ/営業職)





■本屋

・「一番簡単に情報が得られる」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「人の知識を盗む手段として有用」(29歳/情報・IT/技術職)

・「本が一番確実で正確だから」(24歳/ソフトウェア/技術職)





■人の話に耳を傾ける

・「なんでも周りに聞くほうが早いので」(24歳/医療・福祉/営業職)

・「同僚に聞くのが一番なので」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「常にアンテナを張っている」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)





■番外編:やはり人に会って情報収集したい

・会合・交流会「特殊な業界なので、知識人に聞くのが一番」(23歳/食品・飲料)

・講演会「会社で行われる講演会は、勉強会として必ず出席するように言われているから」(27歳/生保・損保/専門職)

・展示会「まったく違う業種なのに、こっちの専門のことにめちゃくちゃ詳しいお客さんがいて、逆に勉強になってしまった」(24歳/運輸・倉庫/営業職)





総評

1位は、「インターネット」でした。自分の仕事のわからないことを調べる、という人が多かったですね。いまやパートナー的存在に。2位の「上司や同僚」では、先輩から何でも教えてもらえるという回答も複数ありました。





3位は「新聞・雑誌、カタログ・パンフレット」。情報収集方法としては、まさにオーソドックス&クラシックとでも言うべきものながら、若手の皆さんが非常に頼りにしているという結果が出ています。「毎日積み重なって膨大な情報になる」という意見もあり、職種に関係ない人気の高さをうかがわせました。





4位「セミナー」も人気です。会社の上司などからすすめられて参加するケースも多いのでしょうか。5位は「本屋」。永遠の情報ツールといえるでしょう。本にしか書いていないこと、というのは実に多く、内容の正確さも魅力です。





「ネットが便利」という意見が多かったものの、人に会ったり、新聞や本から情報を得るという、昔ながらの情報収集法も根強い人気がありました。皆さん、ひとつの方法だけでなく、複数の手段で情報を得ているようですね。

(文・OFFICE-SANGA 澤井輝一)





調査時期:2012年6月14日〜2012年6月17日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性575名

調査方法:インターネットログイン式アンケート