電撃文庫「アクセル・ワールド」第14巻発売

写真拡大

(画像:amazon.co.jpより)
(C)2012 ASCII MEDIA WORKS.All rights reserved.

アスキー・メディアワークスより、ライトノベル「アクセル・ワールド」第14巻が発売された。

同作品は川原礫さんの人気ライトノベルで、現在アニメも放送されており、ゲーム化も決定している。価格は599円(税込)。

アクセル・ワールド
2046年、携帯端末「ニューロリンカー」で生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われる世界。しかし、どんなに時代が進んでも「いじめられっ子」はなくならない。

そんないじめられっ子の一人であるハルユキは、現実を呪いながらもひたすらスカッシュゲームに打ち込むだけの陰鬱な日々を過ごしていた。

しかし突然、校内一の有名人「黒雪姫」に声をかけられ、彼の人生は大きく変わる事となる。

14巻でシルバー・クロウは、大天使メタトロン打倒のため、理論鏡面獲得ミッションに励んでいる。

そんな中で、ハルユキの前に「チョコレート装甲」を持つ小さな貴婦人アバター『ショコラ・パペッター」が現れるのだった。

【記事:フェイトちゃん】

関連記事
電撃文庫「さくら荘のペットな彼女」ゲーム化決定

▼外部リンク
アクセル・ワールド12
アクセル・ワールド12 ―赤の紋章― (電撃文庫) [文庫]