鏡音リンのリボンを白いチーズで表現したオムライス「リンのオムナポリタン」(税込430円)を見つけました。なんと別添のケチャップで自分の好きな文字や絵をかけるとのことで早速チャレンジしてみました。

鏡音リンのイメージカラーとぴったりな商品がリリースされるよ!
http://famima-miku.jp/blog/archives/593?cat=9

外観はこんな感じ。グッドスマイルカフェの定番メニュー「オムライス」に見たてて、同じくカフェ定番の「ナポリタン」を包んだとのこと。


「別添のケチャップで玉子のシートにご自由に絵をお描きください」とのことですが、ここは鏡音リンを書くしかないような気がします。


1食当りのエネルギーは608キロカロリー。


原材料はケチャップスパゲティ、ケチャップソース、袋入りケチャップと、ケチャップの量はかなりあるようです。


早速開封。


この2枚の三角形のチーズがポイントで……


鏡音リンのリボンの役割を果たすわけです。絵を描く前にあたためてしまうと、チーズが溶けてリボンっぽさが無くなってしまうので、注意。


ここで取り出したのは、別添のケチャップ。


おそるおそる、まずは目を描いていきます。


失敗すると鏡音リンにキライキライ大キライ と言われそうで、ケチャップを持つ手が震えてきます。


口の方も少しずつ仕上げていき……


なんとか完成。髪の毛だけならまだしも顔の部分も全て黄色なので、なんだか不思議な感じ。


うんうん……うん!?


おっと、チャームポイントの八重歯を忘れていました。


ということで、描き描き。


改めて完成です。最初から絵が入っていてもおもしろいですが、自分で好きなキャラクターを仕上げていくというのもオツなものです。


卵の下には、ナポリタンがギッシリ。こちらにもケチャップがかかっています。


これでもかと言うほどにケチャップがかかっていて、かなり甘みの強い味になっています。卵の風味や味も消し去るほどにケチャップの味がするので、「ケチャップの味がとにかく好き」という人に向いていそう。また、食べる前に温めるとよりおいしく食べられるようになります。


絵を書く前に温めてしまった場合は、リボンのない「鏡音レン」ということにしておけばいいかも知れません。



記事全文へ