自分仕様のこだわりの一品を〜「ポール・スチュアート」のパターンオーダー

写真拡大

三陽商会の婦人服ブランド「ポール・スチュアート」は、着丈や袖丈が調整できる“パターンオーダー”において、これまでのスカートに新たにブラウス、ワンピースを加え、百貨店を中心に展開する43店舗のうちの約20店舗にて、期間限定で順次受注会を実施する。

「ポール・スチュアート」では、希少性の高い特別な商品を提供すること、また、ユーザーとブランドの関係性を高め、よりブランドに愛着を持ってもらうことを目的に、2011年秋にはスカート2型、2012年春はスカート3型において、“パターンオーダー” の受注会をそれぞれ20店舗にて実施した。

いずれも 1枚72,450円と高額ながら、絹などの上質なインポート生地から柄と色が選べ、好みの範囲で丈の調整ができることから、30代後半〜40代の女性を中心に高い評価を受けた。

特に2012年春においては、購入者の1割が2枚をオーダーするなど、好評を得ている。

2シーズンにわたる受注会を通し、スカート以外のアイテムに対して要望が多く寄せられたことから、2012年秋は、スカートに加え、新たにブラウスとワンピースにおいても“パターンオーダー”の受注を実施することとしたという。

今回のパターンオーダーは、スカートとワンピースにおいて、体型により好みに個人差の大きい「スカート丈」と「着丈」が広い範囲で調整可能であり、ワンピースとブラウスにおいては「袖丈」も調整可能であるため、納得のいく1枚を求められることが一番の特徴となっている。

生地は、プリント生地メーカーとしてファッション界のリーダー的存在であるイタリア「ラッティ」社の絹100%や毛と絹の混紡による上質なもの2柄5色を用意。

プリントには「ポール・スチュアート」の “パターンオーダー” 限定の柄や色を採用し、希少性の高い生地を用いた特別な一品となる。

■受注会概要 ・価格:スカート、ブラウス-72,450円、 ワンピース-93,450円 ・受注期間:7月18日〜9月末 ・納期:10月末 ・実施店舗:横浜高島屋、伊勢丹新宿店、松屋銀座本店、京王百貨店新宿店、そごう千葉店、博多大丸・福岡天神店など、計約20店舗 ※1店舗につき1日〜4日間の開催