可愛くて知的! ウィリアム・モリスの生地を使ったスツール登場 -イデー

写真拡大

インテリアのイデー(IDEE)が運営するオンラインショップ「イデーショップ オンライン」では、定番商品のスツールに、イギリスを代表するテキスタイルブランド「ウィリアム・モリス(William Morris)」の生地を張り込んだモデルを台数限定で発売した。

ウィリアム・モリスは、19世紀のイギリスで、芸術家、デザイナー、詩人として近代デザイン史上に大きな影響を与えた。

産業革命後の機械化による大量生産と職人軽視の時代のなか、装飾芸術の分野で手仕事の重要性を強調し続けたことで知られる。

手仕事から生まれた、自然の樹木や草花などをモチーフにしたテキスタイルデザインは今日でも少しも新鮮さを失わず、世界中で愛され続けている。

今回発売されるのは、ウィリアム・モリスの生地を使ったハリコットスツール。

オットマンとしてソファに合わせたり、作業台やドレッサー用の椅子として使用したり、さまざまなシーンで使えるアイテムとなっている。

生地のデザインとカラーは、チャーミングなウサギが目を引く「ブレア ラビット」と、テムズ川に茂る柳からインスピレーションを受けデザインされた「ウイロー ボウ」の2色。

どちらも29,400円。

通販限定商品となるため、詳細や購入は「ハリコットスツール リミテッドエディション 通販ページ」から。