東武動物公園でマレーバクの赤ちゃん「ヒコ」が誕生

写真拡大

東武動物公園は2日、マレーバクの赤ちゃんが誕生したことを発表した。

赤ちゃんはオスで、体重は約5,000g。

飼育係による授乳で、すくすく成長しているという。

同園では、繁殖のため平成19年10月に、オスのマレーバク「トム」を迎え入れ、メスの「シンディー」とともにペアで飼育を行っていた。

二世誕生を期待するも、なかなか妊娠の兆候がみられなかったが、平成24年にメスの「シンディー」の体に変化が現れた。

シンディーを刺激しないように2頭を別々の展示場に移し、いつ産まれてもいいように寝部屋にはワラを用意するなど、出産に備えて万全の準備を整えてきたという。

赤ちゃんバクの姿が確認できたのは、2日の9時頃。

しかし、母親のシンディーは、人工哺育で育ったためか、赤ちゃんへの授乳方法がわからないことがわかった。

そこで同園では、このままでは赤ちゃんがうまく育たないと判断し、シンディー同様飼育係が育てることに決定。

現在赤ちゃんは、人工保育で順調に成長している。

赤ちゃんバクの名前は「ヒコ」。

同園によると、一般公開はもう少し先になるとのこと。

同園は現在、動物たちに氷をプレゼントする暑さ対策イベントも開催中。

8月中は休園日なしで営業する。