新潟県佐渡で和太鼓演奏を中心とした迫力の芸術祭

写真拡大

今年も佐渡で和太鼓を中心とした芸術祭、アース・セレブレーション2012が8月17日〜19日の3日間、それぞれ10:00から開催される。

みどころは、城山公園で行われるメインイベント、和太鼓を中心とした音楽フループ「鼓童」のステージ。

期間を通じてコンサートが行われるが、日により内容が違い変化に富んでいる。

17日は「まつりはじめ」と題されたステージ。

18日は坂東玉三郎演出の「打男 DADAN」アース・セレブレーションスペシャル。

今年2月にパリ・シャトレ劇場で4日間連続”SOLD OUT”となったステージをアース・セレブレーションのために再構成した。

19日は津軽三味線の上妻宏光をゲストに迎える。

太鼓と三味線の融合、「祝祭」がフィナーレを飾る。

観客席は芝生の上で、まるで花火見物をするかのように気軽に見ることができる。

また、ステージ両脇にはダンスエリアもある。

太鼓は演奏者のノリがプリミティブに反映される楽器でもある。

ノリを感じて自ら歌い、踊り、飛び跳ねるのも可能だ。

佐渡は古くから流刑の地で知られている。

鎌倉時代では、日蓮や、鎌倉幕府打倒を目指し承久(じょうきゅう)の乱で敗れた順徳上皇、正中の変で捕縛された日野資朝の流刑地だった。

また、室町時代には能を大成させた世阿弥もこの地に配流させられた歴史がある。

しかし、配流により京の上流階級の人々との間に交流が生まれ、佐渡での能を始めとする芸術文化発展の一因となった。

15日と16日には、アース・セレブレーション2012のプレイベントとして、佐渡市内の能舞台で薪能の公演も行われる。



続きを読む