広島県尾道市で千個もの灯籠流しで先祖の供養

写真拡大

瀬戸田水道での灯籠流しが26日、18時〜21時に行われる。

瀬戸田水道は瀬戸内海の生口島と高根島を隔てる水道だ。

灯籠流しは地蔵院の夏祭りとして行われる。

水道の両側の堤防にも灯籠が飾られ、その間をロウソクがともされた千個もの灯籠が引き潮に合わせて流される。

灯籠を流した後には、多くのちょうちんがつるされた2隻の「精霊船」が海上で燃やされ、祭りの最後を飾る。

地蔵院は因島にあり、江戸時代の碁聖として知られる本因坊秀策の墓がある。

本因坊秀策は6歳の時には既に近隣にかなう相手がおらず、7歳で三原城主、浅野甲斐守忠敬と対局したと言われる天才的な囲碁棋士で、今でも地蔵院には囲碁ファンがお参りに来るほどだ。

尾道は瀬戸内海に面し、古くから海運の町として栄えた歴史のある港町だ。

聖徳太子の開基と伝えられている後白河法皇の勅願寺、「浄土寺」には、平安時代の文化財が多く残されており、阿弥陀(あみだ)如来坐像(県重要文化財)、大日如来坐像などがある。

また、白河法皇の勅願寺であった「西國寺」は町を見下ろすビューポイントでもある。

西國寺の金堂・三重搭は国重要文化財に指定され、仁王門の2mもの大わらじは見ごたえがある。

また、尾道は平地が少なく、坂道の両側に古寺や民家が並ぶ「坂の町」としても知られ、その独特の景観から大林宣彦監督「時をかける少女」や「さびしんぼう」、また、アニメ「かみちゅ!」の舞台になったことでも知られている。

アクセス 本州方面より しまなみ海道「生口島北IC」下車後左折、約10分 四国方面より しまなみ海道「生口島南IC」下車後右折、約10分

続きを読む