さらに過激さはエスカレートする。
 「ローションを胸やお尻に塗りたくってスケスケ度が倍増。最後はベビードールの肩ひもを下ろして手ブラを披露。アップで映し出されたローションまみれのヌルヌルおっぱいを寄せたり揉んだりムニュムニュする。視聴者にしてみれば、自分のアソコをパイズリされている姿を想像せずにはいられません」

 そんなセクシー動画の出演者が韓国の美人アナと激似となれば、韓国でも話題となるのは当然。ところがそこに待っていたのは、驚きの事実だった。
 「実は、このパクなる韓国の女子アナは実在しないのです」
 こう話すのはネットライター。
 「韓国のニュースサイトで報じられたところによると、この女性は韓国のネット放送局『ウインクテレビ』で女子アナのノリで個人番組を流している人気配信者。彼女の動画が共有サイトを通じて中国に流れ、今回の騒動になったようです。百度百科事典にはもっともらしい経歴が書かれていますが、すべては中国のネットユーザーたちが作った架空の話だったというわけです」

 なんともトホホな話だが、韓国といえば、これまで何度も画像流出騒動が起こっている。
 たとえば、昨年12月には元ミスコリアの女子アナ、ハン・ソンジュがスキャンダルに見舞われている。
 ネット上に突然立ち上げられたブログで、彼女のパスポート写真、病院の診察記録とともにフェラ動画が公開され、またたく間に拡散。韓国中が大騒ぎになった。
 「男性撮影者のズボンの上から股間をまさぐり、ジッパーを下ろして、ついには口に咥え込む様子が映っています。彼女が最初から欲しくて仕方がないという表情を浮かべ、生々しくかなりエロかった」(芸能ライター)

 '07年には韓国の中野美奈子とも呼ばれる人気女子アナ、パク・ジユンのプライベート画像が流出した。
 「当時、KBSの女子アナだった彼女は、同局の男性アナとの交際を公言していました。その男性のパソコンが何者かによってハッキングされ、画像が流出したようです」(同)

 また、'00年にはアイドル歌手のペク・ジヨンのセックス画像も流出している。
 「当初はニセモノではないかともいわれましたが、会見を開き、本物だと涙ながらに認めました。'98年にデビュー当時のマネジャーに、隠し撮りされたものだそうです」(同)

 最近では、今年4月に某大学のミスキャンパスとされる美女のハメ撮り画像が出回ったこともある。今回も降って湧いた流出騒動。“ホンモノ”ではなかったにせよ、今後も“流出大国”韓国に期待したい!?