夜行バス体験談 - 「それはピーマンの携帯です」に大爆笑

写真拡大

長時間、狭い座席に座ることになる夜行バス。

なかなか眠れない人も多いようだが、どのようにすればリラックスできるのだろうか。

ということで、マイナビニュース会員の男女1,000名に、夜行バスで快適に過ごすコツについてアンケートをとると共に「夜行バスで印象に残っているエピソード」も聞いてみた。

Q.夜行バスで快適に過ごすコツを教えて下さい(複数回答)1位 クツを脱ぐ 48.7%2位 リクライニングを倒す 27.2%3位 ゆったりした服を着る 18.6%4位 イヤホンで音楽を聴く 15.7%5位 コンタクトを外す 12.4%■クツを脱ぐ・「クツを脱ぐとそれだけでリラックスでき、開放感が履いてるときと違う」(29歳女性/商社・卸/事務系専門職)・「クツ脱いで、ご・く・ら・く」(21歳女性/その他/その他)・「クツを脱ぐとリラックスでき、あとは肘をついて寝ることができれば文句なしです」(29歳男性/食品・飲料/営業職)■リクライニングを倒す・「一番後ろの席を予約したので、リクライニングをおもいっきり倒して熟睡してました」(26歳女性/その他/専門職)■ゆったりした服を着る・「ジーンズは避けたほうが良いです」(43歳男性/電機/事務系専門職)・「自分なりの服装やグッズを持ち込むと意外と寝られる」(30歳男性/金融・証券/専門職)・「就活で利用したとき、スーツだったのでしんどかった」(24歳女性/商社・卸/その他)■イヤホンで音楽を聴く・「音楽を聞いていればリラックスできる」(24歳男性/学校・教育関連/専門職)・「周囲の音が気になるので、音楽で自分の世界に入る」(30歳女性/小売店/販売職・サービス系)・「音を遮断できるのがいい」(25歳男性/医療・福祉/事務系専門職)■コンタクトを外す・「ハードコンタクトをはずさずに寝たら、目の裏にいってしまい焦った」(27歳女性/その他/事務系専門職)・「目が乾くので」(28歳女性/機械・精密機器/事務系専門職)■番外編: こんな夜行バスはイヤだ!・「靴を脱いでいたら、靴がなくなった」(19歳男性/学校・教育関連/その他)・「急ブレーキがかかった時に添乗員が吹っ飛んだ」(32歳男性/医薬品・化粧品/事務系専門職)・「寝言で『それはピーマンの携帯です』と言っている人がいて、知らない人と一緒になって笑ってしまいました」(31歳女性/不動産/事務系専門職)・「運転が荒くて寝るどころじゃなく、ずっと乗り物酔いにうなされていました」(30歳女性/その他/その他)■総評1位になったのは「クツを脱ぐ」で、多くの人が実践しているようだ。

中には「靴下まで脱ぐ」という回答も寄せられた。

2位は「リクライニングを倒す」。

確かにラクな姿勢になるが「前に座っていた若い男の子がリクライニングを全開で倒してきていらっとした」などの意見も目立ったので、倒す際には後ろの人に一声かけてからにしよう。

続いて3位は「ゆったりした服を着る」で、「ゆったりしたものだと寝やすいし、窮屈じゃないかも」などの回答が寄せられた。

4位は「イヤホンで音楽を聴く」。

こちらは「音楽を聴きながら寝る」「リラックスできる」などの意見が多かった。

そして5位は「コンタクトを外す」で、装着したまま寝てしまうと目が乾くという回答が目立った。

これから夜行バスを利用する予定のある人は、ここで紹介した「快適に過ごすコツ」を参考にして欲しい。

(文・アリウープ 高橋賢司)調査時期: 2012年7月26日〜2012年7月30日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 男性444名 女性556名 合計1,000名調査方法: インターネットログイン式アンケート

続きを読む