テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

ダーリンハニー吉川コラム「1番ショートが夢だった」その31

変なおじさんが好きだ。

好きなのはもちろん志村けんさんのキャラクターの変なおじさんで、本物の変なおじさんではない。いや、本物もけっこう好きだが、変なおじさんは線引きが難しい。世の中にはたくさんの変なおじさんがいるが、人に危害を加えない変なおじさんならだいじょぶだぁである。

0001
変なおじさん、だから、変なおじさん

「このおじさん変なんですー!」
「なんだ君は!」
「なんだツィミはってか!そうです。私が変なおじさんです。♪変なおじさん、だから変なおじさん。だっふんだ!!」(ガラスが割れる音)

すごい世界観だと思う。

今度日本でオリンピックがあった時は、開幕式で変なおじさんが見たい。世界の人々もきっと喜んでくれるに違いない。

0002
だから、変なおじさん

僕はよく、『変なおじさん言葉』で遊んでいる。

やり方は単純で、「キ」という音を「ツィ」に置き換えればいいだけだ。

変なおじさんには独特のなまりがあって、よく「キ」を「ツィ」と発音する。「なんだツィミはってか!」のツィだ。「チ」と「ツ」の中間みたいな音だが、「なんだチミは」だと平板すぎるし、「なんだツミは」も軽快さがない。やはり「ツィ」が一番近いようだ。

0003

「キ」を「ツィ」に置き換えることで、とたんに変なおじさん感が増す。それだけで親しげな雰囲気が湧き出てきてあたたかい気持ちになれる。おしゃれな言葉も硬い言葉も言いづらい言葉も、変なおじさんマジックで一瞬にしておかしみの世界に叩き込まれてしまうだろう。

ということで今回は「き」が入る言葉を、いくつか変なおじさん風に変換してみよう。




a0001_013637_m
ツィーボード(キーボード)

PC系の言葉はカタカナが多いが、変なおじさんのマジックにかかると途端に親しみが沸いてくる。「すみません、ワイヤレスのツィーボードください」。これはいつか言ってみたい。他にも「そのパソコン、何ツィロバイト?」、「一旦再ツィ動してみなよ」、「ツィ録用メディア持ってる?」など、特にIT系の方にはおすすめだ。


a0055_000507_m
ツィ怒哀楽(喜怒哀楽)

喜をツィにしてしまうことで、ファニーさが増してくる。「喜怒哀楽が激しい」という、最近ではネガティブに使われることが言葉も、「あの人、ツィ怒哀楽が激しくてね」と言えば多少トゲが削がれると思う。「え?ツィ怒哀楽?」と聞かれても、「うん。ツィ怒哀楽が激しくてね」と動じない姿勢も大切だ。


a0001_016897_m
ツィーパーソン(キーパーソン)

「キーパーソン」はわりとカッコいい言葉だ。それだけに逆にカッコつけてるのではないかと思われがちである。それを変なおじさんに変換することで、「あ、この人飾らない人なんだ」と思わせる効果があるだろう。またサッカーの監督のような偉い人の立場でも、変なおじさん化をさせることでほぐれた感じが出るだろう。

「今日のツィーパーソンはツィーパー(キーパー)のツィ村(木村)!ツィックオフ(キックオフ)と同時にツィ合(気合)を入れていけ!」。上の立場でも決して偉ぶらない。そんなムードがツィーム(チーム)をツィよくする(強くする)。最後のは誤用だ。


a0008_001844_m
この案件、ちょっとツィびしい(厳しい)なぁ

「厳しい」という言葉も、一歩間違えると強くなってしまいがちだ。そこを「ツィびしい」ということで、ふにゃっとさせる効果がある。上司に「これ?ツィびしくないですか?」と聞いてもいいだろうし、上司も「ちょっとツィミツィミ!今回はツィびしいけれど、もっとツィ楽(気楽)にやってみたらどうかね?」とアドバイスするのもいいだろう。


a0002_006969_m
ねぇ、ツィス(キス)しよう!

ストレートに言うと恥ずかしくて言えそうもない「キス」という言葉も、「ツィス」と変換することで一気に言いやすくなる。「ねぇ、ツィスしよう」。あまり伝わらず「えっ?ツィスってなーに?」と言われても、「とぼけんなよ。ツィスしよう」と押し切りたい。本格的に伝わらず「だからツィスって何よ!」と怒ってしまったら奪ってしまえばいい。言葉なんて、たいした意味はないのだ。



他にも

・ツィルケゴール(キルケゴール)
・ツィンメダル(金メダル)
・風の歌をツィけ(風の歌を聴け)
・ツィせツィ(奇跡)
・ツィツィツィりんさん(樹木希林さん)

など、キが入る言葉はどんどんツィにしてみましょう。

もし怒られたり意味が伝わらない場合は最終手段、「だっふんだ!」で乗り切りましょう。出来れば効果音も欲しいところです。
続きを読む

この記事の元ブログ: 変なおじさんになろう