外国人から見た日本 (24) 母国で喜んでもらえた日本のお土産

写真拡大

海外旅行に行ったら、あなたはどんなお土産を買いますか? その国で有名なお菓子や、地名が書かれた置物など、その土地でしか買えないものを買うという人もいるのではないでしょうか。

日本にも多くのお土産品がありますが、日本に来た外国人はどんな日本土産を買って帰るのでしょう。

外国人20人に、母国の人が喜んだ日本のお土産について聞いてみました。

・抹茶チョコレートはフランスにはありませんので買いました。

友達に贈ったら、皆喜んでくれました。

甘さはちょうど良くて、抹茶の味しっかりして、チョコレートがすぐなくなりまして、大正解だなと思いました(フランス/男性/20代後半)あの抹茶のほろ苦さを好む外国の方が多いんですね。

・のり。

疲れた時にのりをパリパリ食べると元気になります。

私の国にはのりがありません(スイス/女性/50代前半)のりを見たことがない人はどんな反応をするのか気になります。

おつまみ料理などにも使えて、便利な食材ですよね。

・梅酒。

ドイツでも輸入されて一般のスーパーでも販売されていますが、日本のように「黒糖梅酒」など珍しい種類のものは現地で手に入りにくいので喜ばれました(ドイツ/男性/30代後半)梅酒専門店も多くありますし、梅酒好きな日本人は多いですよね。

ドイツはビールのイメージがあったので、梅酒好きのドイツ人も多いんですね。

・粉のお茶。

日本のお茶はおいしく、和菓子はもちろん、ラオスのお菓子にもとても似合いますので、もらった人はとても喜ぶ(ラオス/女性/20代後半)味覚が日本人と似ているのかも。

和菓子をいただきながら、日本茶をいただくと心がなごみます。

・大福。

日本の大福を買って家族や友人にあげるとき、みんなが喜んでいた。

いつもアニメや日本ドラマで見たものは実際に食べられるなんて、うれしいって言われました(中国/女性/20代後半)テレビの中にしかなかったものが、目の前にあったらうれしいですよね。

・日本の陶磁器と扇子。

毎回母国に帰る時にきれいな陶磁器と扇子を持っていきます。

母国の人の食事に対する好みは全然違うので、いくら高価な日本料理・お菓子を持って行っても、母国の人は喜んでくれない(ウズベキスタン/女性/20代後半)食べ物ではなく、品物というのもありですよね。

日本の陶磁器は、産地によって形や模様に特徴があるので選ぶのも面白いかも。

・侍のTシャツ。

侍の映画は有名なので、Tシャツを着ると侍になった気持ちになる(マリ/男性/30代前半)日本らしさ満載で、日本に行ってきたっていうのが一目瞭然(りょうぜん)ですね。

・服を干すための洗濯物干しハンガー。

お母さんに物干しハンガーをあげました。

毎週使っているそうです(イギリス/男性/40代前半)ひとえに、ハンガーといっても、今はいろんな種類のハンガーがあるんですよね。

洋服のサイズにあわせて長さを変えられるハンガーもあるので、外国でも使い勝手がいいのかも。

母国にはないものや、日本らしいものをお土産に選んでいる方が多いようです。

珍しさや意外性があるもののほうが、人は喜ぶのかもしれませんね。

ハンガーは、日本人ならもらっても「え?」と思ってしまいそうですが、国によってはお土産にもなるんですね。



続きを読む