(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●魯粛、劉璋と張魯を操り劉備を討つ!
江東の孫権は曹操が早期撤退をしたことによって荊州へ攻め込もうとします。しかし魯粛は劉璋と張魯に偽の手紙を送り劉備との対立をさせようと試みます。

そして、その手紙によって劉璋は劉備に対して激怒、更に内通者として張松を切り捨ててしまいます。

※その件を劉備に伝えにきた法正はそのまま劉備の配下に入ります。
●三つの策
そこで龐統は劉備に三つの策を進言します。
上策:このまま一気に成都の劉璋軍を攻め落とす。
中策:劉璋軍の関所を落として様子を見る。
下策:一度荊州に戻って体勢を立て直す。

ここで劉備は中策を採用します。しかし、荊州にいる孔明は劉備又は龐統に凶星が出ている事に気付きます。
●劉備軍、劉璋軍の関所を次々と攻略する!
劉備は劉璋軍の関所を次々と殆ど戦わずして陥落させます。これは劉備が無益な戦いを避けて敵将を降伏させる事に成功したためですが…。

そのとき、張魯が北方から進攻してくるという事態になり法正を向かわせますが、孔明の占いによる凶星については対応出来ないでいます。
●孔明、益州へ向かう!
龐統が凶星について認識しているにもかかわらず、益州から戻る様子が無い事を懸念した孔明は張飛・趙雲等と共に劉備に合流する事を決めます。

一方、籠城している劉備軍は黄忠の斥候部隊が壊滅状態となった事を受け、腰の重かった劉備も劉璋軍との遂に開戦を決意します。


「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第44話「三つの日輪」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第43話「引き裂かれた愛」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第42話「戦乱の英雄たち」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第41話「蜀への地図」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第40話「氷の城」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト