バレーボール女子日本代表のセッター・竹下佳江選手(34)が現役を引退し、結婚を予定しているとスポーツ紙が報じている。

相手はプロ野球広島カープの江草仁貴投手(31)で、2012年8月12日付の日刊スポーツは関係者の話として早ければ今年の秋にも結婚するとしている。

竹下選手は1997年全日本に初選出され、2000年のシドニー大会から3大会連続でオリンピック出場を果たした。8月11日の試合後には、「まずは休みます。すべては東京に戻ってから。心の整理をつけます」と話している。