ワキガ予防ができる果物とは?


においが気になるこの季節…特にワキガで悩んでいる女のコには死活問題。実は、身近な果物でワキガなどの気になる体臭が予防できるとしたら、こんなにうれしいことはないですよね!その果物とはいったい・・・





実はその果物とはリンゴ。

リンゴには、ワキガなどの「体臭を予防する効果がある」と言われています。



汗腺には、全身に分布する「エクリン腺」と、ワキの下や陰部などに集中する「アポクリン腺」の2つがあります。

このうちワキガの原因となるのは「アポクリン腺」。



アポクリン腺から分泌される「タンパク質」や「脂肪酸」などに、誰の皮膚にでも存在する「常在菌」が繁殖してしまうとワキガ臭となります。



でも、アポクリン腺から分泌される数ある成分の中で「どれが臭いの素なのか」、それはまだ明確には解明されていません。

ただ研究が進むにつれ、「アポタンパク」という物質が関係しているのではないかと考えられています。



アポタンパクとは、アポクリン腺から分泌される「リポタンパク」という物質が、常在菌によって分解されたもの。

そしてリンゴには、このにおいの元となる「アポタンパク」を抑制する作用があると言われているのです。



現在の段階で明確に分かっていることは、アポクリン腺から分泌される「物質」は、汗腺の中にある内はにおわないということ。

だから、汗をかいたら雑菌が繁殖する前にふくことが大切です。



(ビューティ&ダイエット編集部)