東京じゃ絶対に通じない地の言葉たち



方言の中には、絶対にその地方以外の人間には通じないものが数多く存在します。そういったほかの地方では通じないような、特に東京では絶対に通じないと思われる方言を、いろいろな地方の人から集めてみました。さて、みなさんはいくつわかるでしょうか?



●あとぜき(熊本県)

熊本弁のひとつで、『戸を閉める』という意味です。なので、熊本では『あとぜきを忘れないように』といった文章が書かれた紙が、戸に張られていたりするそうですよ。



例)「部屋を出るときはあとぜきするように」



●えすか(佐賀県)

『怖い』、『恐ろしい』という意味の佐賀県の方言です。佐賀県だけでなく、長崎や福岡県の一部でも使われている言葉だそうです。

例)「あの人は怒るとえすか〜」



●おちょきん(福井県)

福井県で使われている方言のひとつで、意味は『正座する』というそうです。なんだかかわいらしい感じがする方言ですね。

例)「そこにおちょきんしねま(しなさい)」



●たいぎい(広島県)

主に広島地方で使われている言葉です。標準語になおすと『めんどくさい』という意味になります。

例)「1時間目から体育とかたいぎいなぁ……」



●だんだん(島根県)

島根県や鳥取県、愛媛県などで使われている方言で、意味は『ありがとう』。「おー、ありがとうな!」という軽い感じで使うそうですよ。朝の連続ドラマのタイトルにも使われたので聞いたことがある人は多いかもしれませんね。

例)今日の出会いにだんだん



●だんない(滋賀県、京都府)

主に滋賀県や京都府で使われている方言で、『かまわない』や『たいしたことない』という意味です。『大事ない』という言葉の音が変化したと言われています。

例)「そんな事だんないって」



●でかす(秋田県)

『終わらせる』、『完了する』という意味の秋田弁の言葉です。東京はおろか、ほかの県でも伝わらない正真正銘"地の言葉"だそうです。

例)「仕事を早くでかした」



●なおす(大阪府)

『片付ける』や『しまう』という意味の方言です。大阪府を始めとする近畿地方で主に使われている方言ですが、西日本各地でも使われているそうですよ。

例)「その荷物なおしておいてね」



●まいね(青森県)

青森県・津軽弁の言葉で、『ダメ』や『イヤです』という意味だそうです。津軽弁はほかにもつたわらない方言が色々ありそうですね。

例)「ひとりはまいね」



●まける(香川県)

香川県や、そのほかの四国の一部で使われている方言です。意味は『こぼれる』というそうです。"負ける"と同じ言葉ですから、知らない人が聞くと勘違いしてしまいそうですね。

例)「あまりコップ動かすとまけるよ!」



●めげる(兵庫県)

『割れる』、『壊れる』という意味の方言。兵庫県だけでなく、中国地方の一部でも使われているそうです。ちなみにほかの地方だと『めげる』=『あきらめる』という意味で使われていますし、同じ言葉でもいろいろ違うんですね。

例)「お皿がめげてしまったよ」





様々な地方の方言を紹介しましたが、いくつわかったでしょうか? 同じ地方の人ならなんとなくわかったりするかもしれませんが、まったく違う地方の人だとまったくわからないですよね。



私も関西から上京した際にはいろいろと伝わらない言葉があり驚いたものです。こういったギャップが楽しめるのも方言のおもしろさといえますね。さて、あなたの地元の言葉で、ほかの地域の人には絶対に伝わらないというものはどんなものですか?



(貫井康徳@dcp)