(画像:「ファミリー劇場」公式Webサイトより)
(c)NHK

「人形劇 三国志」がCS放送のファミリー劇場から下記の日程で放送されます。

2012年06月11日(月)スタート(月〜金 連日放映)
20:00 - 20:55 『#1 桃園の誓い』


NHKで1982年から84年まで足かけ3年に渡って放送され、川本喜八郎先生の人形美術で児童福祉文化奨励賞、テレビ大賞を受賞した本作。本物の火やコンピュータを使って、今までの人形劇の常識を打ち破った新趣向が取り入れられており、人形劇による大河ドラマとも言うべき不朽の名作がいよいよファミリー劇場に登場です。
●ストーリー
政治の腐敗と反乱、天変地異と飢きんにより天下が大いに乱れた2世紀末の中国。漢王朝の血をひく青年・劉備玄徳と義兄弟である関羽・張飛が曹操、孫堅といった英雄・豪傑を相手に、天下統一と漢王朝の再興を目指す物語です。
●龐統・魏延、劉璋暗殺を試みる!
劉備が益州に入蜀すると漢中の張魯軍は早々と撤退してしまいます。しかし、龐統の真の狙いは劉備による益州の制圧。そこで龐統と魏延は酒宴の席でのどさくさにまぎれて劉璋を暗殺しようと試みます。

しかし、劉備に勘付かれて失敗してしまいます。逆に言えば龐統と魏延のしたことは劉備の意に反しているわけですが、劉備の天下統一の戦略上どうしても益州制圧は必要なのです。
●曹操、皇帝の座を求める!
曹操は皇帝の座を求めるのですが、荀に諌められます。その荀を嫌う曹操、逆に程┐倭眩爐旅陳襪虜造鯡椹悗校について上奏しようとします。

その夜、荀は曹操から空箱を頂きます。これは曹操が荀を不要と看做したための処置であると解釈した荀は自害してしまいます。
●曹操、孫権を攻める!
貞姫を取り戻し荊州を攻めようとしていた孫権軍ですが、曹操軍の急襲によって急遽守備を固めます。

そこで魯粛の進言で水面に出城を建造するという策に出る孫権、それを見た曹操は警戒して戦わずして撤退することになります。

※結果的に何も無かったのですが…。
●張飛、龐統を説得する!
あまりにも長期間荊州を留守にしている劉備、その理由は龐統が益州制圧を狙っているためと読んでいる孔明は張飛を使者に立て劉備達を荊州へ戻るよう説得をさせようとします。

張飛は龐統と話をしますが頑として考えを変えない龐統。そのためあわや龐統を切り捨てようとする張飛ですが…。

龐統の考えは本当に正しいのでしょうか?その答えはもうすぐ出る事になります。

曹操の夢に見た三つの日輪とは何を意味するのでしょうか?

「人形劇 三国志」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【ドラマ】「人形劇 三国志」第43話「引き裂かれた愛」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第42話「戦乱の英雄たち」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第41話「蜀への地図」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第40話「氷の城」
【ドラマ】「人形劇 三国志」第39話「父子再会」
▼外部リンク

「人形劇 三国志」ファミリー劇場公式Webサイト