【男性編】No.1ヒーローアニメランキング、1位は誰だ!?




地球人を超える強さにあこがれた!!







子どものころ、夢中になって見ていたヒーローアニメが誰にでも一つはあるはず。数ある作品の中でも、あなたが1番ヒーローに相応しいと思ったキャラは何でしょうか? 今回は男性402名に「No.1ヒーローアニメ」を聞いてみました。











Q.No.1ヒーローアニメは?(単一回答)

1位 『DRAGON BALL Z』 21.4%

2位 『それいけ!アンパンマン』 10.4%

3位 『ONE PIECE』 8.2%

4位 『キン肉マン』 7.7%

4位 『CITY HUNTER』 7.7%

6位 『TIGER&BUNNY』 6.2%





■番外編:この作品こそNo.1ヒーローアニメ

・『鉄腕アトム』:「国民的英雄」(27歳/運輸・倉庫/技術職)

・『タイガーマスク』:「ヒーローという言葉が似合うのは、この作品しかない」(45歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・『宇宙刑事ギャバン』:「メタルなヒーローだから」(24歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・『宇宙海賊キャプテンハーロック』:「男のロマン」(44歳/建設・土木/技術職)

・『NARUTO―ナルト―』:「主人公が望んでいるものが憎しみのない平和な世界だから」(22歳/その他/その他)





■『DRAGON BALL Z』こそNo.1ヒーローアニメ

・「孫悟空の人のよさや仲間を思いやる気持ちは正義です」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「やっぱり、超サイヤ人が1番強いと思う」(33歳/機械・精密機器/営業職)

・「毎週欠かさず見ようと決めていたほど執着していたアニメだから」(28歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「日本一どころか世界でもNo.1だと思う」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「戦闘シーンのレベルが違う」(29歳/情報・IT/技術職)





■『それいけ!アンパンマン』こそNo.1ヒーローアニメ

・「大人から子どもまでみんなが知っている作品だと思う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「情けない姿をさらけ出してこそ真のヒーロー」(27歳/機械・精密機器/技術職)

・「どんなピンチに陥っても最後は必ず勝つから」(29歳/その他/その他)

・「国民的ヒーローで誰もが愛していると思う」(28歳/運輸・倉庫/技術職)





■『ONE PIECE』こそNo.1ヒーローアニメ

・「人生最高のマンガ!! 仲間がいないと駄目な主人公に、めっちゃ共感する」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「主人公が魅力的でヒーローとしての条件を備えているから」(24歳/機械・精密機器/技術職)

・「夢と希望と感動が詰まったアニメ」(25歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「人間味を感じるから」(49歳/情報・IT/技術職)





■『キン肉マン』こそNo.1ヒーローアニメ

・「友情・努力・勝利の典型」(36歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「地球のために戦うキン肉マンはかっこよかった」(30歳/不動産/専門職)

・「幼稚園のころ、ウォーズマンになりたかった。でも、なったらどうするんだろう……」(31歳/その他/その他)





■『CITY HUNTER』こそNo.1ヒーローアニメ

・「町を守るリョウの姿はかっこいい」(32歳/情報・IT/技術職)

・「1番リアルな悪と戦っている感じがする」(40歳/機械・精密機器/技術職)

・「男として最高だから」(25歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)



※冴羽リョウの「リョウ」は本来は漢字ですが、機種依存文字のためカタカナ表記しています。





■『TIGER&BUNNY』こそNo.1ヒーローアニメ

・「ヒーローというものをメタ的に作品に投入したことが新鮮だった」(25歳/その他/クリエイティブ職)

・「ヒーローを正面から題材にしたアニメ」(25歳/農林・水産/技術職)





■総評

『DRAGON BALL Z』が断トツの強さを見せて、ぶっちぎりの1位に! 長期間にわたってマンガ連載、アニメ放映などがされていたため、幅広い世代から支持を集めました。「強さのインフレ」と呼ばれるほど際限なく強くなっていく悟空や敵キャラを見て、わくわく胸を高鳴らせた子ども時代を思い出します。





2位の『それいけ!アンパンマン』、6位の『TIGER&BUNNY』 のほかはすべて『週刊少年ジャンプ』で連載されていた作品。子どものころからずっとジャンプを読んでいる20〜40代にとって、友情・努力・勝利をキャッチフレーズにしたヒーローの存在は身近なものでしたよね。『TIGER&BUNNY』のスポンサーの援助を受けて活躍するという設定は、ヒーロー像としては新しいもの。 新旧のヒーローについて違う世代とも語り合ってみてください。





(文・塩澤真樹/C-side)





調査時期:2012年6月8日〜6月11日

調査対象:マイナビ ニュース会員

調査数:男性402名

調査方法:インターネットログイン式アンケート